孤独のススメ [DVD]

  • 57人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (6)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : ディーデリク・エビンゲ 
出演 : トン・カス  ルネ・ファント・ホフ  ポーギー・フランセン  アリアーヌ・シュルター  ヘルマート・ウォウデンベルフ 
  • Happinet (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953086012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

孤独のススメ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • タイトルに惑わされたが、淡々としながらもラストぐっとくるね。

  • んー…淡々とした映画、といった印象ですかねぇ…知り合いの方に勧められて観たのですけれども、個人的にはそこまで高揚した気分は味わえませんでした…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    けれどもまあ、ずっと退屈だったというわけではなくアレですね、なんかLGBT? 社会的な問題を取り扱っているのかいないのか…よく分かりませんけれどもまあ、ラストシーンとかね、LGBT問題が新聞にもよく載っていたのでなんか…リンクする部分がありましたよね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    そんなわけでそこまで絶賛はできませんけれども、たまにはこうした静かな映画もいいんじゃないですか? という感じですねぇ…孤独のススメ、とか言っていますけれども、全然勧めてねえじゃん、というのが個人的な感想ですね。

    てか、タイトルは完全に失敗かと…内容と全然リンクしてない…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 淡々といてるけど、かなり引き込まれる。

    で、ラストはヤバイです(笑)


    いい映画でした(^-^)/

  • 全てを無くした男がなにも持たない男から学んだ幸せとは

  • 原題:MATTERHORN (2013年)

    何でこの邦題なんだろう…。

    ジャンルはコメディになってたけど、あんまりコメディっぽくない。
    クスッとなる所は初めはあったけど、段々笑えなくなってくる。
    ヒューマンドラマって感じ。
    初めは謎が多く、盛り上がる部分もなく淡々と進んでいく。
    感情も見えにくいので疑問がばかりが残った。(私の場合は)
    でも徐々に解決していき「あぁ、そういう事だったのね…」と明らかになっていく。
    せっかく観始めたなら少々退屈でも意味不明でも、是非最後まで観て欲しい。
    ラストが凄く良いから。
    ラスト感動した。

    “ロッテルダム国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で高い評価を得たコメディドラマ。オランダの田舎町。妻に先立たれた初老のフレッドは、人との繋がりを極力排して静かに暮らしていた。そんなある日、彼の下に言葉も過去も持たない男・テオが現れる。”

  • 【仮レビュー】






    ・『籠の中の乙女』以来の衝撃度


    ・シュール


    ・男優二人のシニカルな演技に拍手!

  • 自由になるレシピ。
    歌が、ぐっとくる。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

孤独のススメ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

孤独のススメ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

孤独のススメ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

孤独のススメ [DVD]はこんな映画です

ツイートする