さざなみ [DVD]

  • 64人登録
  • 3.39評価
    • (1)
    • (10)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : アンドリュー・ヘイ 
出演 : シャーロット・ランプリング  トム・コートネイ 
  • TCエンタテインメント (2016年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474176576

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さざなみ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 結婚45周年を迎える老夫婦。二人が出会う前に夫が愛していた女性の死体が、氷河で凍りづけの状態で発見された。夫は過去の思い出にとらわれ、妻は嫉妬し、二人の仲が揺れ動く。シャーロット・ランプリング演ずる妻がピアノを弾くシーンや、45周年パーティーでの夫のスピーチと二人のダンスなど、途中でカットせず全部を見せる演出がきいていて、見ている方の感情の揺れとたかまりがじわじわと響いた。

  • 結婚45周年記念のパーティーを控えたある日、夫の元にある女性の遺体が発見されたと連絡が来る。それは夫の元恋人だった。若い頃、ふたりで登山中に誤って氷河のクレバスに落ちて亡くなり、氷に閉じ込められたまま数十年ぶりに発見されたのだという。

    夫の無神経さに腹が立つ。結婚まで考えていた元恋人の事をなぜ妻に報告する?今なら妻も無感覚で聞ける話だとでも思ったのか?予告編で使われた「妻は目覚め、夫は眠り続ける」という言葉そのまま。最初と最後の妻の表情の違い。悲しすぎる。
    原題は「45years」だが、邦題の「さざなみ」はぴったりだと思った。
    それにしても老いたシャーロット・ランプリングのスタイルの良さ!ほっそりとした脚、すっきりと伸びた背筋。歩く姿を遠目に見ると年齢不詳。あんなふうに年を取りたい。

  • 点は低くなったが駄作だとは思わない。丁寧に夫妻の心理、元カノに未練のある夫とその夫の執着に嫉妬を感じる妻の焦燥を見事に描いていると思う。計算された構成もまた見逃してはならないだろう。ペース配分は良く出来ている。では何故点が低くなったのかは、結局この映画の妻が夫に対して抱く嫉妬が地味なものであり、「45 年間」という時間を費やして来たその重みが描かれていないことに尽きる。もう少し夫妻の重ねて来た時間を匂わせる描写や、妻のヒステリックな錯乱等を描けば良かったのではないかと思うのだ。だが、「敢えて」そうしなかったことにこの映画の美点があることも分かるので結局は「好みの問題」なのだろう。「水」が象徴的な役割を果たすことも確かで、川辺の場面や氷漬けになった恋人の逸話、地球温暖化で氷が溶けて行く話など随所に張り巡らされた仕掛けにも注目しないとこの映画は楽しめまい。

  • 2016/11/5 主役演じるシャーロット.ランプリング上手い‼︎ 45年も連れ添った夫婦の間に起こる感情の波を とても表現していて 観ていて息詰まる思いで妻の思いに共感出来た。
    些細な思いを表情だけで 全て表現しているなあと感心してしまったけど…内容も本当に老夫婦になる頃のあるきっかけで男と女の違いがよく分かるし、女は何気に昔話のような出来事に相手の真実を捉えてしまったら それは無視出来なくなる。男の人は歳をとっても 子どものように自分の気持ちに対して正直で でもその相手の心を顧みない正直さが女の人(妻)をどんなに傷つけているか?考えない無頓着さに 女性はいつも抑えてる分 許せない気持ちになる…何だか怖いほど現実的に真実を見た気がした。

全6件中 1 - 6件を表示

さざなみ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

さざなみ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

さざなみ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

さざなみ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

さざなみ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

さざなみ [DVD]はこんな映画です

ツイートする