ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 早川書房 (2016年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910084391160

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリー映画の特集。最近観た映画はSF作品ばかりなので、紹介されていた映画で観たことがある作品はなかった。また、観たいと思う作品もなく、そんなわけで今号の特集は流し読み程度になってしまった。一方で、連載は面白かった。「狼眼殺手 機龍警察」は、物語の核心に迫る展開となり、一段ギアが上がったスピード感やドキドキ感が出てきた。しびれたのは、連載「タフガイ」の最終回である。作品中で殺された人々の犯人が明らかになるが、最後の最後までどんでん返しの展開だ。まあ、それくらいやらないとエンターテインメント作品として物足りなくなるから当然と言えば当然なのだが、探偵の浜崎のハードボイルドなところにしびれた。真犯人(正確には真犯人の関係者)も(犯行自体は許されるものではないが)いいやつじゃないか。最後まで格好いい作品でした。これが読めただけで満足です。

  • 特集 21世紀ミステリ映画の未来
    ・エッセイ「衝撃は国境を越える~世界のミステリ映画彷徨~」小山正
    『アザーズ』
    ・エッセイ「アジアのミステリ映画アラカルト」♪akira
    『殺人の追憶』
    ・エッセイ「ニッポンのアニメーションとミステリの可能性」日下三蔵
    『名探偵コナン』『ルー=ガルー』
    ・エッセイ「21世紀SF映画のミステリ性」高橋良平
    『スキャナー・ダークリー』
    ・エッセイ「ホラー映画の現在」笹川良晴
    『アザーズ』『パンズ・ラビリンス』『永遠のこどもたち』
    ・エッセイ「今世紀の邦画ミステリ十傑」千街晶之
    『告白』『キサラギ』『46億年の恋』『名探偵コナン』『姑獲鳥の夏』『OUT』『ルームメイト』『残穢』『謎解きはディナーのあとで』『パレード』『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』

    漫画
    ・高橋葉介「マリッジミーティング 第二会 心中少女」

  • 「マリッジミーティング 第二会「心中少女」」高橋葉介

全2件中 1 - 2件を表示

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ミステリマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする