世界のエリートがやっている 最高の休息法 [Kindle]

  • 111人登録
  • 3.75評価
    • (9)
    • (11)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 久賀谷亮
  • ダイヤモンド社 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (166ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
リンダ グラット...
シーナ・アイエン...
アンジェラ・ダッ...
岸見 一郎
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のエリートがやっている 最高の休息法の感想・レビュー・書評

  • 呼吸に意識を集中する
    過去や未来ではなく、今に集中する
    アイドリングにエネルギーを60-80パーセント使っている

  • マインドフルネスについての本。

    脳の疲れを癒すにはマインドフルネスが最高の休息法だという。読みながら実践したりして、結構面白かった。

    本文は、物語調になっているのでとても読みやすい。物語はフィクションだが、紹介されている研究は本当とのこと。

    以下ハイライトしたところ(引用)
    ----------------------------------------------
    ・脳は体重の2%ほどの大きさにもかかわらず、身体が消費する全エネルギーの20%を使う「大食漢」
    ・1日5分でも10分でもいいので、毎日続けることが大切 ・同じ時間、同じ場所でやる(脳は「習慣」が大好き)

    メッタ
    ① 通常のマインドフルネス呼吸法を10分続ける
    ② 自分が慈しみたい人を心にイメージし、それによって起こる身体の感覚や感情の変化に注意を向ける
    ③ その人に向けて次のようなフレーズを心の中で唱える
    ・ あなたがさまざまな危険から安全でありますように
    ・ あなたが幸せで心安らかでありますように
    ・ あなたが健康でありますように

    ① 怒りが起きていることを認識する(Recognize)
    ② 怒りが起きているという事実を受け入れる(Accept)
    ③ 身体に何が起きているかを検証する(Investigate)
    ④ 怒りと自分を同一視せず、距離をとる(Non-Identification)
    これは怒りに限らず、あらゆる衝動にも有効。甘いものを食べたいとか、タバコを吸いたいというような衝動的な願望(これをクレーヴィングという)が波のように押し寄せてきたときには、それを事実として受け入れながら、身体に起こる変化を観察する

  • 【脳は回復させることができる】
    内容自体は、実践しているものでした。
    本書で裏付けがとれてよかった。
    「瞑想」と構えないで、「今」に意識を向ける。
    それだけで完了です。簡単ですよね♪

  • ・幸福の48%は遺伝。だから「感謝」が重要。
    財産や社会的地位の影響はわずか10%。残りの42%は個々人の行動や気持ち。すなわち、"どう生きるか"にフォーカスしたほうがよっぽどいい。幸福度を高める生き方の因子として、繰り返し登場するのが"感謝"。他人や社会に対して感謝する気持ちを持っている人のほうが、幸福度が高いという結果が出ている。感謝の気持ちは、怒り、恐怖、嫉妬などさまざまなネガティヴな感情をとかす。

  • 良いと思う。シンプルでわかりやすいのが何よりもよい。私のように、鬱のために不眠で苦しんでいる人には役立つのではないかと思う。似たような内容の本は数多く参考にしてきたが、本書の内容は取組み易いのが特長だ。効果が出たらまた記載したい。

  • タイトルで誤解されそうだが、マインドフルネスの具体的な方法論。何冊か読んだけど、科学的な根拠や方法について一番具体的だった。当たり前だが、やること自体は他の本と書いていること同じなので腹落ちしてる人はわざわざ読む必要ない。

  • 瞑想と聞くとうさんくさい感じがするが、いかに今ここの現在に集中するかというときに、脳のDMN (デフォルトモードネットワーク)に関する脳科学が非常に役立つことが分かる。終わったことをくよくよ繰り返し自責したり、考えてもしょうがない未来への不安について堂々巡りするようなことを許していることが、なかなか疲れが取れない原因にもなっているという説明は非常にしっくり来ました。いかにパフォーマンスを上げるかという観点で非常に有益な本だと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

世界のエリートがやっている 最高の休息法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界のエリートがやっている 最高の休息法を本棚に「積読」で登録しているひと

世界のエリートがやっている 最高の休息法はこんな電子書籍です

世界のエリートがやっている 最高の休息法の単行本(ソフトカバー)

ツイートする