文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]

  • 113人登録
  • 3.72評価
    • (8)
    • (17)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 34レビュー
  • 文藝春秋 (2016年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910077010962

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016 10/15 読了。
    コンビニ人間の選評を読みたくて。

  • 2016年8月26日読了。芥川賞受賞作「コンビニ人間」を読むために購入。「コンビニ人間」はもっとホラー仕立てにもなりそうだし、人間の愚かさ・不条理をついたりもっと喜劇にしたりいかようにもできそうなところを、淡々とほんのりユーモア風味で書かれているところが何というか「逆にそそられる」感じがあって面白かった。コンビニが現代社会のニーズに過剰に適用しているように、「コンビニで働く人間」も現代に過剰に適用している存在たりうる、ということなのだろうか。それ以外の記事は天皇の生前退位や「老人が現代に物申す」的な記事ばかりであまり面白くはなかった。

  • 図書館で借りれない「コンビニ人間」を読んだ。

  • 「コンビニ人間」を読みたくて、でも図書館では単行本は多分大勢待ちということで、こういう時便利なのが文藝春秋(*'▽'*)村田沙耶香は私と歳も生年月日も一緒!これは読まねばと遅ればせながら拝読。これは面白い!典型的なアスペの主人公。だけど能力は高い。白羽が生理的に無理だったので単行本購入はどうしようかなー。何度も読み返したいかで手元に置く本を決めています。最後の、主人公が息を吹き返したようにコンビニで品物を並べたり接客するシーンが大好き!あー私もコンビニで働きたいし、これ実写化してほしいなぁ…村田の他の作品も読みたい!

  • 「コンビニ人間」村田沙邪香
    普通という価値観がよくわからなくなった。「あちら側」と「こちら側」の線引きも。
    古倉さんはコンビニ店員という動物で、それが彼女の正常だ。
    最後に白羽さんの思い通りにならなかったのが痛快。

  • 村田沙耶香さんのインタビューが読みたくて読んだ。

  • 『コンビニ人間』読了。時事的社会的なトピックを扱いつつも陳腐さを避けるように主人公の視点がコントロールされ、単純な風刺小説になることも私小説的になることも同時に回避している。個人の意識と背景にある社会がシームレスで、理屈っぽさも感じさせず、上手い。

  • 芥川賞受賞 コンビニ人間。
    物凄い共感性と物凄い気持ち悪さ。私はコンビニ人間側だなぁと思う。

  • 知人より借り本。

  • この雑誌を寄贈してくれてた方がオススメしてくれた「コンビニ人間」だけ読んだ。面白かった。この主人公ほど顕著でなくとも、常識からズレている感じとその恐怖感は感じたことのある人が多いと思う。私はよくある。だから、そこを乗り越えた主人公が魅力的に映った。

全34件中 1 - 10件を表示

文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文藝春秋 2016年 09 月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする