ボヴァリー夫人 [DVD]

  • 17人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : ソフィー・バルテス 
出演 : ミア・ワシコウスカ  リス・エヴァンス  エズラ・ミラー  ローガン・マーシャル=グリーン  ポール・ジアマッティ 
  • TCエンタテインメント (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474175296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボヴァリー夫人 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 「ボヴァリー夫人」って、有名だけど読んだことはなくて、こんなお話なんだって驚きました。美人の新妻が周りからちやほやされ、不倫・浪費ざんまいに走り、進退極まって自殺します。どこまで事情を知っているのか、妻から何の説明ないまま破産してしまう旦那さんが気の毒でした。

  • この映画の原作の小説は、発売当時『風紀を乱す』との理由で発禁処分になったもの。
    今でもワイドショーとかで喧喧諤諤とやっているからあんま変わんないのかも。ちょっとオープンになっただけで。
    愛想のない男と一緒になって、退屈で張りのない生活を送っていたボヴァリー夫人。
    そこで自分を美しい、と褒め称えてくれる男に出会い、たぶんはじめて恋に堕ちる。
    自信をつけた彼女は、出入りの業者の口車に乗り、高価なものを借金してまで買うようになる...
    たぶん今の生活じゃない世界にいきたかったんだよな。
    あとウブなのでいろいろなものに免疫がついてなかった。
    バカな女、とジャッジするのもいいけれど、彼女の惨めさや寂しさはどれ程だったか分からない。
    森の中を、愛人=ここじゃないところ、へと走っていく姿を見て胸が締め付けられた。
    そのボヴァリー夫人を、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカが熱演。胸チラもあります。
    彼女が買うお高いお洋服はとても綺麗で、私もほしくなる(笑)

    男の身勝手さと、女の愚かさ、みたいなものが描かれたしっとりとした作品。

    あ、ジャッジしちゃった。

  • エズラ・ミラーが恐ろしいほど美しい。
    夫人のドレスが素敵だった。

    「アンナ・カレーニナ」でも思ったけど、古典文学で不倫する女って愚かで驚く。時代が違うから共感できないだけなのか?

  • ボヴァリー夫人が、本当の馬鹿にみえる......

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ボヴァリー夫人 [DVD]を本棚に登録しているひと

ボヴァリー夫人 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ボヴァリー夫人 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ボヴァリー夫人 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする