史上最強の哲学入門 [Kindle]

  • 22人登録
  • 4.80評価
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 飲茶
  • 河出書房新社 (2015年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
村上 春樹
ジェームス W....
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

史上最強の哲学入門の感想・レビュー・書評

  • 表題の通り哲学の入門書である。

    おそらく誰しも経験があると思うが、哲学の書籍を読んでもさっっぱり頭に入ってこない。

    そもそも哲学書のタイトルから例えば「ドイツ観念論哲学」という高尚なタイトルから始まり、本を開いてみると験的統覚?悟性?直観?合理的神学??

    Hegelなんて夜に読んだ日には、熟睡まちがいなしです。

    どうやら哲学者とは、文章を難しく書いた方が評価を得るらしい。

    とはいいつつ、哲学の書籍を読めない理由は
    1)上記のように文章自体が難しい
    2)そもそも問題意識がよくわからないので、(1)も重畳してなおさらわけわかんなくなる
    という二つによるものが大きいと思う。

    たとえば、昔からの論点として哲学・神学論争が終わりなく続いているが、これはThomas Aquinasの「神学大全」によって一応な決着をみたが、これを読んだだけでは??となって、夜の熟睡の道具となってしまう。
    Thomas Aquinasの問題意識は、哲学と神学の統一的解釈であり、キリスト教思想とアリストテレスを中心とした哲学を統合した総合的な体系を構築したことに価値がある。
    したがって、キリスト教を学ぶためには、ローマ史を学ぶ必要があり、さらにはユダヤ教の知識も前提とされる。
    またアリストテレスを学ぶためにはプラトン、ソクラテスのような古代ギリシアの哲学を学ぶ必要がある。

    というように、哲学とは歴史を学ぶことと同じで、前後の歴史や時代背景の理解なしには学びえないのだ。

    本書は、この問題意識のつながりを意識しながら作られている。
    さらに平易な文章で語られているので、わかりやすい。


    いままで読んできた中でも最も良い入門書である。
    もし興味があるなら、さらに中級書なでを読み込めばよいと思う。
    が、原書はおそらく本書を読んだだけではまだ早いと思われる。
    というか、Hegelなんて専門家でも読めない(笑)ので、私のような素人は原書ではなく一般向けの解説書で十分である。

    哲学とは、人生を豊かにするための道具の一つなのだ。
    哲学者の思想によって何が得られるかが重要であり、別に原書でしかそれが得られないというわけではないでしょう。

  • 【分かりやすい!そして大容量。】
    問いの後にすぐに分かりやすい答えをくれる、飲茶さんの優しさが身に沁みる1冊。
    読む時々によって変わると思いますが、今現在では、ラストのソシュールの章が一番印象に残りました。
    知覚しなければ存在しないと同義か…。
    何を区別するかという価値観の違いとかも勉強になりました!お腹いっぱいです!

  • 哲学の偉人たちの功績をわかりやすく解説。
    しかもバキ成分入り。
    まえかき、あとがきはバキ成分が多いが、本文はたまにでてくる程度で読みやすい。
    時系列で偉人たちがでてくるので流れもわかる。
    こういう本はありがたい。
    ショーもないことを真面目に考えると哲学になると思った。

    どこまでも真面目ッッ!それが哲学ゥゥ!!

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

史上最強の哲学入門はこんな電子書籍です

史上最強の哲学入門の文庫

ツイートする