累(9) (イブニングコミックス) [Kindle]

  • 40人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松浦だるま
  • 講談社 (2016年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

累(9) (イブニングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 奪ったのの重さは大なり小なり累も野菊も同罪ではあるものの、罪の意識よりも恨みつらみが上回るというのは人というのは外に恐ろしき生き物よ。は、さておき。「私が口紅を使うのは現在、私自身がこの世に生きるためよ!!」そう。確かに累は現在を生きている。対して、野菊は過去にとらわれ、がんじがらめになって、その上、「自分」の意志と言いつつも、他人の意志を置き換えてるわけで。そりゃ、累の図太さにゃ負けるわ。想いの重さが雲泥の差だもの。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

累(9) (イブニングコミックス)を本棚に登録しているひと

累(9) (イブニングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

累(9) (イブニングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

累(9) (イブニングコミックス)はこんな電子書籍です

累(9) (イブニングコミックス)のコミック

ツイートする