クリード チャンプを継ぐ男 [DVD]

  • 28人登録
  • 3.69評価
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : ライアン・クーグラー 
出演 : マイケル・B・ジョーダン,テッサ・トンプソン シルベスター・スタローン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967298055

クリード チャンプを継ぐ男 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年、アメリカ映画(MGM、ニューラインシネマ、ワーナー・ブラザース)。
    監督はライアン・クーグラーで、主演はマイケル・B・ジョーダン。そして、もう一人の主演としてはシルヴェスター・スタローン。
    その他共演としては主役の恋人役にテッサ・トンプソン、主役の「母」役にフィリシア・ラシャドなど。

    本作はシルヴェスター・スタローンの『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品ということで、一応『ロッキー』シリーズを一通り観ている関係上、今回観賞したわけですが、題名の『クリード』って「アポロ・クリード」の「クリード」だったわけね。
    自分としては「4」までが割と好きでして、本作品はその「4」の「続編」であるとも言えます。
    邦題の副題に「チャンプを継ぐ男」と付いていて、まあこれはこれで良い副題だとは思いますが、物語の内容をみる限り、スピンオフというよりもこれはもうシリーズ続編ということで、副題も「ロッキー7」ということでいいんじゃね?
    それくらいにシルヴェスター・スタローンこと「ロッキー」は目立っていて、彼はこの作品でいろいろな助演男優賞をもらっていますが、実際のところ、もう一方の主演だったといえますね。

    ストーリーは、まあいつもの通りです。(笑)
    しかし、このシリーズって「2」以降は必ず物語の途中でシリーズの主要人物が亡くなってきていて、それをバネにロッキーが発奮するという筋書きのパターンなのですが、今回の作品ではシリーズの主要な人物ってもはやロッキーしか残っておらず(笑)、副題も思わせぶりだし、これはもしや・・・と思ってドキドキしながら観ていたのですが、どうなったか気になる方はまあ本作の観賞をどうぞ!(笑)
    もうひとつのワンパターンとしては、ロッキーは大切な人の励ましで闘志に火が点き必死の努力を行うという流れが一般的でしたが、今回もその常道を外しておらず、ちゃんとロッキーに対してはそのパターンが用意されていて、これは安心して観ていられた点ですね。(笑)
    安心して観ていられたという点についてはもう一つ。しょっぱなから『ロッキー』シリーズらしい出だしも音楽もなく、BGMもラップ調になっていて、映画タイトル通り『クリード』らしさを前面に押し出していたわけなんですが、やはり練習シーンは『ロッキー』シリーズのアングルと内容で撮られていて、何よりもクライマックスの最終ラウンドのシーンでは例の鐘から始まるBGMが流れていて、これだけでもう、チャンプを継いだ!と思えてきて鳥肌が立ちました。(笑)
    ただ、世界タイトルマッチ前の練習シーンとしては疑問符が付いたので(笑)、このあたりはもっときっちりして欲しかったな。

    この感じからいくと『クリード2』が製作されてもおかしくはないのですが、さすがにロッキーはもう苦しくはないかと思えて、『ロッキー』シリーズとしては「7」までだったということでしょうかね?

  • シルヴェスター・スタローンの代表作『ロッキー』シリーズの新章となる人間ドラマ。スタローン演じるロッキーが、幾度も死闘を繰り広げたライバルであるアポロの息子のトレーナーとなり、新たな夢に向かって歩み出す姿を描く。

  • 制作年:2015年
    監 督:ライアン・クーグラー
    主 演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド
    時 間:133分
    音 声:英:ドルビーオーディオ、日:ドルビーオーディオ


    アドニス・ジョンソンの父親は世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードだが、彼が生まれる前に死んでしまったため、父のことを何も知らない。
    それでも、明らかにアドニスにはボクシングの才能が受け継がれていた。
    アドニスは、父がタフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げた伝説の戦いの地フィラデルフィアへ向かう。
    フィラデルフィアに着いたアドニスは、ロッキーを捜し出し、トレーナーになるよう頼む。
    ロッキーは、ボクシングからは完全に手を引いたと断るが、かつての宿敵で、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、トレーナーを引き受ける。
    若いボクサーを鍛え始めるロッキーを味方につけたアドニスは、タイトル戦への切符を手に入れるが…。

  • 展開はわかってるけど手に汗握った。最後の試合の結果も良かった

  • パッケージおよび、前評判から、この黒人のクリードがやんちゃな奴かと思ったら大違い!!黒人のくせに女々しい、弱弱しい。。。そして、いつもより優しい(叫ばない)ロッキー。
    いたるところで昔を思わせる、オマージュ的なところが多いけど、正直メッセージ性も泣ける要素もロッキーファイナルに比べると劣る。
    もとい、ロッキー5での汚名を払拭したかったのかなぁ。。。
    普通に良作の映画。

  • ロッキーが再び立ち上がる。親友アポロの息子をチャンピオンにするために。

    元ヘビー級王者アポロ・クリードの愛人の息子アドニスは、
    生まれる前に死んだ父を知らずに育つ。

    だが、その血に流れる戦いへの情熱は抑えられず、
    かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキー・バルボアを探し出し、トレーナーを依頼する。

    一度は断るロッキーだが、親友アポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、
    アドニスをチャンピオンにすると決意。

    果たして絶対的不利なアドニスと、かつての英雄ロッキーは奇跡を起こすことができるのか! ?

  • シリーズの7作目として観るのか、もしくはスピンオフとして観るのか、『ロッキー』に対する思い入れで変わって来るかと思います。
    そういったこだわりはどうでも良いと思ってしまいます。

    過去6作品は引退しても老いても死ぬまでファイターの血は消えない的に演じてきたスタローン。

    初めてロウソクが消えゆく姿を見せたロッキー。一つのものが終わり、新たなものが誕生していく。

    主演はマイケル・B・ジョーダン ですが、助演に回ったスタローンがみごとに引き立たせてます。主演を輝かせた事で逆にスタローンも輝いた。

    ゴールデンラズベリー賞の常連でもあったスタローン。ゴールデングローブ賞助演賞の評価を受けました。

    この作品を最初に観たなら、普通の映画になったかもしれません。1976年 第1作の『ロッキー』から始まり、40年の歳月の中で7作品。その年齢ごとのロッキーを見て来た。自分も同じように歳を取って来た。〈マイムが公開と同時に観たのは3作品からですが〉

    見続けてきたからこそ、より面白みが増した気がします。

    良かったです。同世代の人にはお勧めします。

  • 内容はやはりロッキースタイル!?
    最後に手に汗握るファイトが熱く繰り広げられます。。。
    それよりもこの映画をつくるきっかけになったエピソードがよりグッときますね。
    その内容はいろいろ調べてみるとわかるはずですよー

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

クリード チャンプを継ぐ男 [DVD]はこんな映画です

ツイートする