さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ) [Kindle]

  • 24人登録
  • 4.18評価
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 家入一真
  • 中央公論新社 (2016年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (147ページ)

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • インターネットが空気のように普通に存在する現代で、自分の輪郭を取り戻すための本。読みやすく、押し付けがましくなく、でも、誰もが意識すべき内容。

    インターネットに輪郭という言葉を持ってきた所に興味を惹かれ読みました。

    家入さんのことは、選挙に出た変わった人、くらいしかイメージなかったけど、文章から非常に好感を持ちました。
    誰にでも進められる良書です。

    買う価値あるよ。

  • 糸井重里のインターネット的と合わせて読みたい。

    次のインターネットを考えるために読んでおきたい。

  • 分断と偶然によるつながりについて、意識しながら生活していきたい。

  • インターネットがIoTで輪郭をなくす時代。
    例えばスマート家電。スマート家電で料理を作れば、ビックデータで情報が集められ、どんな料理が今人気なのかが導き出されるようになった。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)はこんな電子書籍です

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ)の新書

ツイートする