二ツ星の料理人 [DVD]

  • 82人登録
  • 3.27評価
    • (6)
    • (10)
    • (24)
    • (7)
    • (1)
  • 16レビュー
監督 : ジョン・ウェルズ 
出演 : ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー  オマール・シー  ダニエル・ブリュール  リッカルド・スカマルチョ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462107152

二ツ星の料理人 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラッドリー観たさに鑑賞。作中の、昔の仕返しには驚いた。執念って、怖いね。完璧主義者の主人公も成長していくんだけど、色々盛り込み過ぎな感じも。「人を頼れるのは強い人。弱い人じゃない」という言葉が心に残った。難しいんだよな、これが(>_<)

  • 昔の問題は無かったことに?よく分からずトントン拍子でシェフに。

    他人の評価を異常に気にするシェフたち。
    そして、怒り方が異常。

    材料の魚道路においてキスしてるし。
    そんなん料理じゃないやい。

    一悶着あった後、体を拭くんじゃなくてシャワー浴びてきれいにしろよ!

    主役以外はいい役者が出てそうなのに、駄作感がすごい。

    オマールシーは良かった。いい意味でキャラを消せるようになった感じ。

  • なんか最近は、こんな映画だろうなと思ってみたら外れる事が多い。

    この映画もワンマン二つ星シェフが足りないものに気づいて成長する話かと思えば意外とその要素は薄くて、まぁ大雑把に言えばそういう話なんだけど、シェフを取り巻く人たちにも割と焦点が当たってたりで。(借金の取り立てでボコられるエピソードとか元カノが立て替えてくれたとかそんな要る?みたいな笑)(恋人の娘とか居なくても良くない?とか)

    いろいろ引っくるめて割とリア充で楽しいですねって事なのか、リア充ぶってるInstagramみたような感覚でした笑

  •  パリでトラブルを起こした料理人がロンドンで人を集めて三ツ星レストランを目指す。

      ダニエル・ブリュールが好きで、他の出演者達もいい。成功の為にキリキリするのではなく、自然体になるまでを描くというも悪くない。
     なのだが、なんか全体的に見せ場に乏しいというか盛り上がりにかけるなぁ。
     なんでコック映画って必ずコックが怒ってるんだろう?

  • 料理をつくるのは、うまいかもしれないが、
    なぜか、このシェフはリーダーシップがない。
    やはり、二つ星なんだね。
    厨房のシェフの怒鳴り声と言うのも、
    結局 きちんと教育されていないと言うことか。
    食材を惜しみなく、捨てると言うのは、仕方がないのか。
    一度逃げ出したことがあるのが、
    因果応報と言うことなんだろうね。
    ミシュランが、覆面的調査と言うのがよくわかる。
    フランス料理って、美味しくみえないなぁ。

  • 見終わった後に暖かな気持ちになる作品が好きな私としてはとても面白かった。
    お料理もとにかく美味しそうで綺麗だった。

  • トニーが幸せになりますように…。

  • 料理はひとりではできません。
    可もなく不可もなくといったところ。
    ちょっと手頃にまとめすぎた感が強く、全体的に浅い。
    ブラッドリー・クーパーは本当にかっこかった。

  • 説明不足は否めなく、ちょっとモヤモヤするのが難点。主軸のストーリーは悪くないとは思うけどね。

  • 最高。主演のブラッドリークーパーの魅力が最高潮で周りの人たち(男女問わず)に愛され過ぎ。男女の恋愛の部分が控えめなのがよい(笑) 給仕長のトニーが献身的に彼を支える役で良妻感あるし、あとライバルのリースとの関係も(ちなみにトニーもリースも男です)料理も美しくて目にも麗しい映画でした◎

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

二ツ星の料理人 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

二ツ星の料理人 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする