ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 [DVD]

  • 41人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (6)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ジュリアン・ジャロルド 
出演 : サラ・ガドン  ベル・パウリー  エミリー・ワトソン  ルパート・エヴェレット  ジャック・レイナー 
  • ギャガ (2016年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921403573

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ローマの休日の元ネタというのが驚いた。エリザベス王女は、どこに行っても毅然とした佇まいで、好感が持てた。妹のマーガレット王女の奔放さには呆れた。

  • 第二次世界大戦で対独戦勝の夜、エリザベス王女とマーガレット王女は臣民の反応を伝えると父に請い、一夜限りの自由を求めて、バッキンガム宮殿から群衆が歓喜するロンドンの街へ繰り出す。
    クイーン・マザーのにはめられて、護衛監視付きでリッツに押し込められるも、逃げ出したマーガレットを追って、リリベットもバスへ。
    そこで出会った空軍脱走兵のジャックとともに、パブで父の演説を聞いたり、トラファルガー広場、ソーホーの娼館、チェルシー宿舎など、妹を探して駆け巡る。

    父の演説に悪態をつき、戦争で憔悴し、疲弊するジャックは軍を抜け出して、朝の点呼に間に合わないと軍法会議果ては銃殺、という運命にパリに逃げ出そうと考えていたが、ダンスホールでリジー(エリザベス王女)の正体を知り、彼女の現実を知り、一緒に母に会いに行き、叶わぬ夢を語り合い、宮殿で朝食をとり、国王に感謝され、最後はリリベットに送られ、点呼に間に合うように軍に帰っていった。

    ローマの休日の元ネタと言われるお話らしい。
    事実は分からないけど、これが実話だったら、すごくめくるめく最高の夜だったろうと思う。
    女優さんの雰囲気もNetflixでやっているThe Crownにも似てて、良かった。私が生まれた頃からすでにおばあちゃんだったエリザベス女王の若き日々、彼女を題材とした物語はどんな年頃でもブレがないというか、女王の威厳と自覚、自制にあふれていて、苦悩もある、でも臣下には見せない、その裏側が垣間見られるような興味深い物語だった。

  • 第二次大戦が終結を迎えた1945年 ヨーロッパ戦勝記念日。
    イギリスのエリザベス王女と妹のマーガレットは国民と共に祝いたいとお忍びでバッキンガム宮殿をあとにする。
    マーガレットは付き添いの目を離した隙に街へ出てしまう。
    エリザベスはバスで隣りあったジャックの助けを借りながら妹を探すが・・・。

    リアルにローマの休日みたいな事があったとはビックリ!
    付き添いのボンクラ具合とか、ジャックとのロマンスとか、どれくらい脚色されているかは気になるところ。
    ジョージ6世が放送に時間かけて準備しているシーンは「英国王のスピーチ」観るとさらによくわかります。

  • 非常に少女漫画な話。姉よりも妹のマーガレットの方がもっさりしている分王族って感じ。戦勝国は楽しそうでいいのう。本邦においては、御歳僅か25歳で大元帥になられた先帝の終戦時の御心中いかばかりか。同じ終戦時の映画として、これと「日本のいちばん長い日」を観比べてみるのも一興。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 [DVD]はこんな映画です

ツイートする