64-ロクヨン-前編 通常版DVD

  • 230人登録
  • 3.44評価
    • (12)
    • (36)
    • (48)
    • (11)
    • (1)
  • 37レビュー
監督 : 瀬々敬久 
出演 : 佐藤浩市  綾野 剛  榮倉奈々  瑛太  三浦友和 
  • TCエンタテインメント (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474178150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

64-ロクヨン-前編 通常版DVDの感想・レビュー・書評

  • ★の数は後編を含めて一つ。

    酷評が多いのは知っていたけど、原作が大好きなのと
    慇懃無礼な赤間を滝籐賢一さんが演じるのを見たかったから期待せずに見た。

    それでも酷かった。特に後編は笑いながらツッコミしてしまうくらい酷かった。

    そもそも外見が残念な主人公の三上を佐藤浩市を演じるのに無理があった。
    それをツッコまれるのを避けるためか三上に似た娘が醜形恐怖であることの描写が少ない。
    だけど娘の家出は醜形恐怖が原因で、物語の中で娘の家出は物語の中で大事なファクター。
    つまり物語が根本から欠けていることになる。
    前編では物語を起承転結の起承なので気にならないが
    後編で転結しようとして整合性がとれなくなっている。

    全編通して三上が好戦的過ぎた。
    それが後編のラスト30分の映画オリジナル展開に繋がるのかもしれない。
    だけど原作最大の見どころは三上が己を失いながらも仕事をしていたが
    実名報道を決めるに至ったカタルシスにあると思う。
    それが映画では全く感情移入できなかったのがめちゃくちゃ残念だった。

  • Amazonビデオで。前後編計4時間の大作。後編も含めて星4。平成の元号が発表されたテレビ映像をあらためてみて、30年も前のことかと思うと驚愕。当時、数日にわたって昭和天皇崩御のためひたすらテレビが白黒映像だったことをなんとなく思い出す。

    警察内部の確執と隠蔽など、警察モノあるあるなテーマが多数。ある意味王道。しかし時効間近の事件と現在の事件が進行形でリンクしていくストーリーにぐいぐい引き込まれる。結果最後まで一気に観られた。
    かなり登場人物が多く複雑でもあるので原作もみてみたい。

  • 2017.10.16(自宅)

  • 一つの事件が巻き起こす余波
    直接的、間接的に事件に関わった当事者たちの
    人生を大きく歪め、惑わせ、迷宮に引きずり込んだ

    事件、事故、病気など突如突きつけられる現実を
    うまく咀嚼して嚥下するためには
    納得いく解決や結果が伴う必要があるんだな

    未解決だったり不十分だったりすると
    人は迷う…時を止めて、答えを求めて
    考え込んでしまって闇に取り込まれてしまう

    自分を許すこと
    それが出来るか否か
    鍵はそこにあるんだと感じる…


    警察官もただ一人の個性ある人であり
    その人が集まった清濁合わせ持つ組織である
    圧倒的な階級組織内の軋轢とせめぎ合い
    おもしろい

    記者たちも正義と権力との闘争と商売との間
    駆け引きに揺らぐ
    本作では少し出来過ぎな感ありか…


    非常に面白い
    早く後編が観たい


  • 自律心の弱い普通の人達がたくさん描かれている。
    面倒事を遠ざける ことなかれ主義の人々。
    悪しき前例に身を委ねる歴代刑事部長。
    罪に向き合わない加害者。

    よくないと判っていること、やらなくちゃいけないこと。
    それを問い詰められるのが嫌で 逃げ回り、忘れる。
    そして保身。
    けれど、被害者は忘れない、忘れられない。

    娘を殺害された父親と、犯人を取り逃がした男たち。
    世の中に忘れられた被害者と、それを15年間忘れられなかった男たちの執念の物語。

    ことの経緯を淡々と綴る前編と、事件解決へ向かう後編。
    やるせなくて重苦しい前編の方が見応えがあった。
    物語の結末では真相が明らかにされ、主要人物達の微かに明るい未来を予感させる。
    だが、どこまでいっても殺された娘は戻らない やるせなさが余韻として残った。

  • 本も読んだし、テレビドラマも観た上で鑑賞。全体に漂う緊迫感は映画ならでは。

  • 原作を読んで、テレビドラマで見て、これで三回目。原作で圧倒されているし、テレビドラマもいい出来で、映像化するとどんな雰囲気になるかも承知しているので鮮度がない。主人公はテレビドラマのピエール瀧のほうがあってるような気がする。前後編の大作となると演出の狙いとして少しオーバーアクト気味になり、佐藤浩市がテレビ画面を殴りつけたりするのはいただけない。過酷な状況でも押さえて大人であり続けるほうがいいように思う。最後に隠していた情報を公開するシーンは、佐藤浩市の名演技で、演技だけで魅せるというのは立派なものです。他の役の役者の重厚さも目を引く。たくさんの役柄を丁寧に描いている。

  • 原作未読。
    いやあコレはスゴいな。
    役者はスゴいし話は重いし。
    グイグイ引っ張られていくな。
    昭和64年。
    高校2年生だったかな。
    あそこに取り残されて先に進めないってのはかなり重いな。
    この先どうなるのかというところで前編終了。
    続きが気になって仕方がない。

  • 主人公の娘の家出理由が、警官である父親への反抗と、父親に似た容姿のコンプレックスなんだけど、ちょっと待て。NHKドラマでの、ピエール瀧が父親ならまあ、納得かなと思ったけれど、父佐藤浩市母夏川結衣で娘芳根京子なら、ひとも羨む美男美女ファミリーじゃないの(笑)。
    原作を読んだのは随分前なのだけれど、ほぼ原作通りにストーリーは進んでいるように思う。
    永瀬正敏が良い。娘の為に必死な父親と、何もかも失った虚脱感。見ているだけで泣きそうになる。
    (補足)主人公の娘の容姿、ドラマでは“(綺麗な顔の人ほどなりやすい)身体醜形障害”という説明がついていたようで、成程一定水準以上の美男美女しかいない俳優業界のひとに、容姿コンプレックスの登場人物を演じさせるには、そういう理由付けがあるのか。モノは言いようだなぁと笑ってしまいました。原作ではたぶん、娘はほんとに不美人の設定だったと思うけど。

  • 久しぶりの良い作品。
    はやく後編が見たくなった。

  • 原作読んで、ドラマ版見て映画観る。
    ひとつの作品を、いろんなパターンで見れるのは幸せ。

    警察幹部と記者クラブの板挟みに苦しむが広報官が気の毒すぎる。
    後編も期待。

  • 原作は読了。
    それぞれの役者が持ち味を出して、締まった作品になっていました。
    広報部、新聞、警務部、刑事部、それぞれの軋轢・衝突がいい感じに描かれています。
    さて、どういう風に落ちをつけていくのか。
    楽しみな後編へ。

  • WOWOWで前後編一気に見ちゃいました。映画館でも見たけど、豪華な俳優陣の演技に物語に一気に引きずりこまれますね。

  • 前編・後編、共に…

    豪華キャストで、重厚なドラマ。
    心理サスペンスというより、刑事ドラマ。
    刑事VS記者、掲示VS犯人の
    二重構造。

    色々な役者が出てくるので、
    それが楽しくなってしまう節はある。
    話が重くて、女性向きではない。

  • 後編見ないと何とも言えない。
    対立シーンが多かったな。

  • 制作年:2016年
    監 督:瀬々敬久
    主 演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、鳥丸せつ子、小澤征悦、金井勇太、芳根京子、菅原大吉、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和
    時 間:121分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ


    7日間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。
    そのわずかな間に少女誘拐殺人事件が発生。
    それは刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点を残し14年が過ぎ去った…。
    時効まであと1年と迫る平成14年。
    当時“ロクヨン”の捜査にあたった刑事・三上義信は、警務部広報室に広報官として異動する。
    三上は時効が迫ったロクヨン解決のために動き出すが、そこに巨大な壁が立ちはだかる。
    記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢…。
    そんななか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する…。

  • 感想はまとめて後編へ。

  • おもしろかった。(後編よりも)

    詳細はまとめて後編の方で。

  • 記者クラブの人達に覚悟と気持ちを持って話をする佐藤浩市にぐっときて何故か泣けてきた。

  • 昭和64年、昭和天皇崩御の中、漬物工場を経営する雨宮芳男(永瀬正敏さん)の娘・翔子が何者かによって誘拐された。犯人は身代金2,000万円を要求。深夜、指定された川に向かい身代金の入ったスーツケースを落としたのだが、
    現金は奪われ翔子は遺体となって発見されるという最悪の結末を迎えた。時は流れ平成14年、当時捜査に加わっていた三上義信(佐藤浩市さん)は広報室に移動し、記者クラブとの折衝で多忙な生活を送っていたが、家庭内でもある問題を抱えていた。事件が発生してから10年以上が経ち刻々と時効に近づいている中、捜査の進展は無く焦る警察、娘だけでなく奥さんも失ってしまった雨宮芳男、捜査段階において起こった重大なミスと隠蔽。後半へ続く。

  • 冒頭で「64事件」の概要が紹介される形で始まったけど、64は未解決事件としてキーワード的に出てくるものの、前編でのメインは警務部と刑事部の対立や記者クラブとの確執だった。
    後編を見終えた時点では、それらが壮大な伏線であり、十分に意味のある内容であると思うのだけど、前編鑑賞中はいつになったら64の話になるのかソワソワだった。

全37件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

64-ロクヨン-前編 通常版DVDを本棚に登録しているひと

64-ロクヨン-前編 通常版DVDを本棚に「観たい」で登録しているひと

64-ロクヨン-前編 通常版DVDを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

64-ロクヨン-前編 通常版DVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

64-ロクヨン-前編 通常版DVDを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする