そして、誰もいなくなった DVD BOX

  • 33人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
出演 : 藤原竜也  玉山鉄二  二階堂ふみ  伊野尾 慧  黒木 瞳 
  • バップ (2017年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021145442

そして、誰もいなくなった DVD BOXの感想・レビュー・書評

  • 不思議な話。藤原竜也シリーズってかんじのドラマ。

  • この表題使われると見ずにいられない。
    ただ、全話見逃して後悔するパターンのドラマ。

    復讐の仕方が回りくどく、他人を巻き込みすぎ。

  • 録画したドラマ見終わりました。
    藤原竜也の熱い演技が、丁度良いドラマ♪
    「え?」「は?」ってセリフ、素な感じが良かった。
    私的には・・・伊野尾くん、最初から怪しかった~(笑)

  • 面白かった~!
    最終話のラストだけが駆け足気味だったけど、他は本当に充実してました!
    毎回謎、謎、謎!って感じで次回が楽しみだった!
    クライマックスまで何度欺されたことか!謎解き(??)編もあー!、こういうことか!と楽しめました!
    藤原竜也さんの「え?」と「は?」がかわいーです(笑)
    そして伊野尾ちゃんが良い!こんな演技もするんだなぁと楽しめました。

    どうでも良いけど、最終話予告の「天使のような悪魔の~」ってテロップに笑ってしまった。蘇る金狼か!?って懐かしすぎる~(笑)

  • 脚本:秦建日子さん。
    秦さんといえば『推理小説』。
    何話か見てから、秦さんの脚本と知りました。
    ツッコミどころはあるものの、それでもこの先の展開が気になる! ・・・と、毎回それなりに楽しんで見てました。
    が。
    最終回、ちょっと拍子抜け・・・。
    「え、あれで終わり? あ・・・そう・・・」てな感じ。
    自分の中では、色々謎なままの部分もあり、消化不良。

  • 謎が継続して先が気になり続けられる構成はさすがだとお思ったけど、それほどいい最後ではなかった。
    ただセリフのチョイスや、何と言っても藤原竜也の演技が目を引く面白いドラマだった。

  • みんな怪しく見せすぎw
    最終回で一気に謎回収して終わった。

  • 秦建日子さんの脚本で期待して観た。途中まで先も読めず面白かったんだけど、最後駆け足というか、?が残ったままだったなぁ。どなたかも書かれていたが、もう1話あると良かったのに。

  • 藤原竜也目当てでみましたけど、中々面白かったドラマ。相変わらず叫びながら救われないクズ役のような立ち回りで大好きでした。

    想像以上にジャニーズ枠の伊野尾?くんが素晴らしかったです。いつもの髪型とかキャラを知らないけれど、ドラマの髪型は似合っていたし、キャラもマッチしてたと思います。

    内容はサスペンスなんでしょうか。個人番号というキャッチーな話題は、若干の問題提起にも取れますね。
    毎回謎が残る展開で、次回がとても気になる作りでした。予告編もギャグなのか真面目なのかわからないときもあり好印象(エヴァっぽいし)。登場人物も割りとあっさり消えるやつもいるし、題名通り誰もいなくなっちゃうんじゃないかと。

    ただ、伏線が回収しきれず、というか視聴率が悪すぎて普通10話なところが9話になったから?なのか最後はかなりがっかりでした。謎が多すぎるし、もっと輝けるキャラいたよ!的な(ガキの使いとか)。

    続編あるなら気になる作品です。

  • 藤原竜也の絶叫だけでも見る価値のある作品!
    信頼できる人に次々と裏切られ、次々に死んでいく!

  • パーソナルナンバーが突如誰かに奪われ、自分を証明するものが何もない状態で、偽物が現れ、友達も職場も同僚も恋人も母親も自分の名前さえもなくなり、誰が味方で誰が敵?疑心暗鬼な中、公安から追われる身になるという面白い展開だった、けど・・・。

    予告が独特で次週を期待させた、けど・・・。

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

そして、誰もいなくなった DVD BOXはこんな映画です

ツイートする