セトウツミ [DVD]

  • 242人登録
  • 3.63評価
    • (18)
    • (55)
    • (41)
    • (2)
    • (6)
  • 53レビュー
監督 : 大森立嗣 
出演 : 池松壮亮  菅田将暉  中条あやみ 
  • Happinet (2016年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953086326

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

セトウツミ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 池松壮亮と菅田将暉の、台詞なんだかアドリブなんだかよくわからないほのぼのコメディ。男子高校生ってこんな感じだよね。二人が好きな人にはたまらない作品かと。

  • 原作は1巻だけ読んでる。
    まあセトウツミとしてはなかなか出来がいいのではないだろうか。
    面白かったし。
    しかし映画なのコレ?
    映画にしては静かすぎるなオイ。
    家で見る分には十二分に楽しめたが、映画館で見たら少々拍子抜けだったんじゃないかな。
    家で見たからいいけど(笑)
    映画というかドラマっぽい。
    ドラマもやるみたいだけど、キャストはコッチの方が合ってそう。
    久々にムカつかない池松君を見れてよかったですハイ。

  • 定点カメラでの二人芝居のような本作。こういうの大好きなのですが、もー期待通り面白かったです!人生晴れたり曇ったり。

    まず、やんちゃで愛らしい瀬戸に菅田将暉
    憂いあるインテリ眼鏡の内海に池松壮亮

    もう、このキャスティングの時点で成功しています。二人だけで画が保つ。たいしたもんです。本当に。池松君巧い!引き込まれます。眉毛の濃さと共に菅田君がぐいぐい可愛くなる。樫村さん(中条あやみ)の女心も痛い程わかるし、この寒い画面に美少女が出ると其れだけでザワザワするので効果的。いとをかし。

  • ほぼ川辺で喋ってるだけの映画なんて途中飽きそう…だけど、好きな若手の池松くんと菅田くんだしな…
    と思って観たが、たいへん面白かったです、すまんかった!笑
    掛け合い漫才のような会話から見えてくるそれぞれの事情や思いが想像できて結構奥深い。

  • 高校生男子の日常⁉︎
    つぶやき⁉︎

    タイトル
    高校生男子の苗字なのね〜。
    瀬戸内海かと、セトナイカイかと…。

    どーでもいいんだけど、けど。
    なんだろ⁉︎興味沸くぅ。

    現実、日常、希望⁉︎理想⁉︎
    ボケとツッコミの話⁉︎
    コレ、高校生男子の本音なのかしらん。

    蒼い!

  • ひさしぶりに観た映画。

    高校生のころってたしかにこんな話題(クラスのあの子がどうとか、最近の悩みはこうとか)だったなあって懐かしい気持ちに。

    あの頃は早く大人になりたいと思っていたけれど、大人になると、もっと大事にすればよかったなあと思ってしまう高校生活。

    きっと意味があったんだろうなあ。

  • 男子高校生の瀬戸と内海が川辺で暇つぶしをしてるというシーンが流れ続けるという、シュールな作品。

    菅田将暉演じる瀬戸も池松壮亮演じる内海も愛おしいキャラで、なんだか不思議と最後まで飽きずに観れた。

    続編あるかな?この後も気になる。

  • 可もなく不可もなく。バルーンで生計をたてれるんじゃないかと思った。

  • まるで小さなオアシスのようだ(笑)
    面白かった。癒されます。
    高校生ふたりがただくっちゃべってるだけなんだけど、そこは作品、ちゃんと流れもオチもある。
    主演ふたりのキャラも俳優さんのキャラに合っている。
    私も中条あやみの袈裟姿見てみたいな~
    メチャクチャ似合いそう。
    主演二人を替えてテレビドラマになるようで、不安半分期待半分。

  • 2017.08.08
    Amazonプライムにて

    やっぱり池松壮亮かっこいい。
    もたっと話す様子がたまらない。

    漫画原作と聞いている。
    漫画のテンポと映像のテンポとが異なるのだろうけど、とても面白く観れた。関西弁独特の調子や、若さが出す言葉の勢いが音になると面白い。
    俳優二人がとっても、上手なんだろうな。

    大笑いしながらも、高校生は心の揺れの中で生きていて大変だなぁとも。
    また見たくなる日が来そう。

  • こういう同じ場所で会話だけで進行していくシチュエーションはとても好き。
    関西弁の会話も、アホでおもしろい 。それでいて高校時代の青春切なさも体感できて
    良い気分転換になる。
    体調悪いときはこういう映画がいいな

  • じわじわと面白い映画だった。2時間の飛行機の中で観るのにぴったりだった。ただただ川べりで男子高校生が話してる映画。なのに面白い。菅田将暉と池松壮亮。全然タイプの違う2人がある頃から知り合って放課後に掛け合いのようなやりとりをする。オムニバスみたいに第〇話、第〇話となってた。ボケーっと観たかった私にはぴったりだったけど苦手な人は苦手な雰囲気かも。主演の2人が可愛らしくてしかたなかった。観終わってから調べたら漫画が原作らしい。きっと漫画の方が細かく深くて面白いんじゃないかな。読んで観たくなった。

  • 原作は残念ながら、まだ、読んでいないのですが、映画化に成功していると聞き、見ることにしました。設定が面白い。また、この味を活かすのが大阪弁ですね。菅田将暉と中条あやみは当たり前ですが、完璧な大阪弁でした。このたわいないやり取りは、本当に実際していた記憶があります。

  • 男子高校生が喋ってるだけなのにおもしろかった。2人の友情に心温まったりもする。菅田将暉さんがかわいい。あと中条あやみちゃんもかわいい。

  • くすりと笑える部分もあるけれど、その数は映画の時間に対して少なすぎる。わりとずっと我慢している自分に気づく。
    それとジングルがうるさくて邪魔だった。

  • 主演の2人を見て期待しすぎたかな。
    とにかくシュールなので、そういう雰囲気が好きな人は楽しめるかと。
    私は半分くらいまで観て飽きました。
    これをずっと観てる時間があるなら、他の映画を観たい。
    というのが正直な感想。
    笑ったのは神妙な面持ちのくだりくらいかな。

    “クールでインテリの内海と元サッカー部でお調子者の瀬戸。高校生の二人は、内海が塾に行くまでの放課後を河原で喋りながら過ごす。真逆のような二人だが、言葉遊びで盛り上がったり、時にはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を見守っているのは同級生の美少女、樫村一期。 まったりと流れる時間の中で移り行く季節。二人の未来は、そして樫村との三角関係の行方は……?”

  • 2人がお喋りしてるだけなのに、なんとも面白い。菅田将暉の好感度があがる映画。

  • 面白かった。菅田将暉いいじゃん。二人の掛け合いがなんともほのぼの。中条あやみちゃんが可愛い。マンガ読みたい。

  • 好き。
    グタグタ。
    でも好き。

  • 漫画が好きで読んでたけど、とっても忠実で、映画を観て以降、漫画を読むと不思議と2人の声で再生してしまっているような気がする。

  • 食虫植物のためにありとるくだりが面白かった。

  • 面白かった。セトの家族とか。

  • 映画にするかね。その勇気に脱帽。
    テレ東辺りで、連ドラにしてからの映画にすればなお良かったか。
    男子高校生が何の波乱もなく、ただだべっているだけの映画・・・。すごいね。二人の俳優の力も大きいね。

全53件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

セトウツミ [DVD]を本棚に登録しているひと

セトウツミ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

セトウツミ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする