蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 539人登録
  • 4.39評価
    • (69)
    • (52)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 58レビュー
著者 : 恩田陸
  • 幻冬舎 (2016年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (687ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものすごくおもしろかった。
    国際的ピアノコンクールが舞台で、そのコンクールに出場するコンテスタトたちやその師匠や審査員などの話。
    まず、こんなふうに音楽を言葉で表現できるのか!っていう驚き。ここに出てくるクラシック曲はひとつも知らない(きけば、きいたことある、って思うかもしれないけど、曲名を見ただけだとわからない)のに、こんな情景が浮ぶような、って説明されるとまさにその情景が頭に浮かぶ。どんな曲かわからない曲の説明が延々と続いても、まったく退屈したりしないっていう。その説明がまた詩的でファンタジックで、わくわくして、本当に鳥肌が立つような。
    そうかと思うと、それぞれのコンテスタントたちの話、いわゆる神童、天才といわれるピアニストたちがどんな生い立ちで、どんなことを考えていて、とか、クラシック音楽界やコンテストの舞台裏みたいな話はリアルで、すごく興味深かった。登場する人々がみんないい人で素敵なのもよかった。悪者がいない。みんな音楽を愛していて、なんか心が洗われるような。
    大舞台でうまく弾けるのか、勝ち残っていけるのか、っていう部分ではハラハラさせられて、ちょっとサスペンスを読むようでもあり。
    なんだか、読みやすさとかかな?、ちょっとマンガっぽい感じもするんだけど、ほんとにおもしろかった。

    恩田さんて音楽に詳しい人なんだっけ。演劇界のことも書いてたし、なんでも書ける人なのか。すごく取材とかしたんだろうか。興味深い。。。

    出てきた曲のCDとかつくったらいいのに。買うわ。

  • 舞台が新鮮。幾通りもの表現がうまい。

  • 第156回(2017年)直木賞受賞作であり、2017年本屋大賞受賞作。とても面白く、一気読みしてしまった。友人や親にも勧めたい本。
    国際ピアノコンクールを舞台に、コンテスタントが競い合っていく物語。ありがちな天才ピアニストの話ではなく、登場人物1人1人が生き生きと描かれておりとても共感する。コンテスタントだけでなく、審査員・ステージマネージャー・調律士なども光が当たっており、コンクールを支える仕事も知ることができる。
    音楽というテーマは、言葉で表現するのがとても難しいが、恩田さんの表現力は圧巻。読みながらクラシック音楽が頭の中を流れてくる。もちろん知らない曲も多かったため、登場人物達が弾く曲を調べて聞きながら、物語に浸ってみたら、世界観の深みが増した気がする。
    音楽は世界の共通言語であり、日常が音楽であふれていることを思い出させてくれる1冊。

  • 「夜のピクニック」以来と言っていいくらいご無沙汰していた著者だが、直木賞受賞祝いという事で読んでみたが、夢中になって読む事になった、一気読みしたいが章ごとの余韻も楽しみたくなる素晴らしい物語の折重なりであった。音楽表現ではいままで中山七里やのだめカンタービレに感心していたが、それらを上回る表現力であった。物語は「花の24年組」の漫画家たちを思い起こされる何ともドラマチックな展開で、本屋大賞も取るのではないだろうか。これは絶対映像化を望みたいところだが亜夜はやはり広瀬すずになっちゃうのかな。

  • まさにピアノのように、ひとつひとつの音が(言葉が)クリアに意味を持っていると同時にメロディのように流れる文章。音楽を演奏を言葉で表そうとするとどうしても小難しくなりがちなのに、その場の臨場感まで想像できてしまう。とても刺さる作品。そして、もっとこの小説に出てくるピアノ曲を聞きたくなる、そして音楽を感じる幸せをかみしめたくなる。

  • 直木賞を取ったと聞いて、旅のお供に購入。
    2泊3日の旅行には、ボリュームが大きいかなと思ったのだけれど、続きが読みたくて、旅先のホテルでも手に取ってしまった。
    クラシック音楽が嫌いではないとはいえ、ピアノ曲はほとんど知らないけれど、読みながら頭の中で音楽が鳴り響くような描写。
    登場人物はそれなりにいて、どの立場からの描写か、気づくと変わっている。その変わり目がわからないのだけど、それが不快ではないのは、複数の登場人物の共感が見えることと、どの登場人物も好きになれるからかもしれない。
    青春小説の分野なのかと思うけれど、青すぎず、人生のいろんなことが詰まっている感じなのがちょうどよかった。

  • 蜜蜂と遠雷 ⭐️5
    感動。
    そして、ありがたいなぁ。こんな本が読めて。
    残りページが少なくなってくるのが惜しいけど、読み進めることがやめられなくて。とうとう終わる。
    しばらく放心してから、なぜか感謝の念が湧いてくる。
    ホント、素晴らしい本でした。

  • ピアノコンクールを舞台にした内容。
    亜弥と風間塵、マサル3人を主軸とした1次予選~本選までの描写がすごく濃く描かれていた。
    自分はクラシック音楽に興味がなかったけど、文字で読んでいてイメージされるような音楽を聴きたいと思った。
    日に日に成長していく若者に影響される採点者の描写もおもしろく、再婚を検討しだすあたりはユーモアの印象が強い。
    上記3人の演奏を聞いてみたいなと強く感じれるほど、世界観に酔いしれた。
    三次予選の描写はとにかくすごいの一言です。。

  • 第三次予選の400ページ過ぎからウルウルしたしまいました。

  • ずっと昔に『夜のピクニック』を読んで以来の恩田陸。
    中学生の子どもに勧められ、また直木賞・本屋大賞W受賞ということで期待値高めで読み始める。
    国際ピアノコンクール出場者4人をメインにした群像劇で、
    曲や演奏の表現のバリエーションが素晴らしい。
    ただ、期待値が高すぎたためか、途中ちょっとお腹いっぱいな感じに…
    三次予選くらいからは、怒涛の勢いで読み切った。
    筆力という点では、受賞に文句なし。
    キャラクターもそれぞれ才能にあふれ、魅力的で、キラキラしていた。
    天才にもいろんなタイプがいるなぁ…なんてこともわかって面白い。
    前向きな気持ちになれる一冊だった。

全58件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)の単行本

ツイートする