帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]

  • 255人登録
  • 3.76評価
    • (21)
    • (53)
    • (35)
    • (7)
    • (0)
  • 59レビュー
監督 : デヴィッド・ヴェンド 
出演 : オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト  カッチャ・リーマン  フランツィスカ・ウルフ 
  • ギャガ (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921403801

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは今年劇場で観賞しました。

    2015年ドイツ映画。監督・脚本はデヴィット・ヴェント。原作はティムール・ヴェルメシュの同名小説です。
    主演はアドルフ・ヒトラー役のオリヴァー・マスッチ。それに彼を売り出すことになるフリーライター・ザヴァツキ役のファビアン・ブッシュ。その他としてはテレビ局の副局長役にクリストフ・マリア・ヘルプスト、局長役にカッチャ・リーマンなど。

    ある晴れた日のベルリン。かつて総統地下壕があった場所にアドルフ・ヒトラーがタイムワープしてきた。あまりにも似ている役者と勘違いしたフリーライターのザヴァツキは、彼をドイツ中へ連れ回し彼の姿をフィルムに収めるのであった。Youtubeでその映像が爆発的アクセス回数になっていることを知ったテレビ局は彼をさらに売り出すべく様々な番組へ出演させるのだが・・・。

    ヒトラーやナチスネタはタブーであると聞いていたドイツで製作された、ヒトラーをネタにしたコメディー映画です。コメディというかパロディなのですが、ホロコーストをネタに使用したり、ヒトラーをギャグとして扱ったりと一見何でもありの映画のようにも思えるのには驚きました。
    しかし、映画の真のテーマとしては、徹底的にヒトラーの存在を笑い飛ばすのと同時に、ヒトラーの言説は知らず知らずの内に人々の心に浸透するものであり、あなたもそのような大衆と同じなのだということを皮肉っていたのだと思います。たびたび挿入されるドキュメント風に撮られた「ヒトラー」と大衆の交わりの場面や、現代ドイツの政治状況や難民受け入れ問題の描写などはそうした方向に向かう可能性を指摘したものであるといえます。

    アドルフ・ヒトラー役のオリヴァー・マスッチは、あの服装と姿をしていればまあ似ているようで似ていない気もするしといった感じなのですが(笑)、話し方や仕草などはよく似せた感じで演じていたと思います。特に演説の場面については迫力ある演技で魅せてくれました。
    映画そのものについては、ヒトラー映画の集大成を自負しているのか、チャップリンの『独裁者』やブルーノ・ガンツ主演の『ヒトラー 最期の12日間』を始めさまざまなヒトラー映画のワンカットが挿入されていましたが、ヒトラーのパロディの面白さもさることながら、特に『ヒトラー 最期の12日間』の一場面のパロディがあったりしてなかなか楽しませてくれました。
    ただ、あまりにもパロディやギャグを意識し過ぎたせいか中だるみ感があったようにも思い、もっと全体の時間を絞って濃縮した方がよりテーマをわかりやすくできたのではないかと思います。個人的にはヒトラーの演説場面をもっと観たかったかな。

    この映画や原作小説はドイツに受け入れられたようですが、忘却や風化の故ではなく、批判的な面白さとして受け入れられたと思っています。日本もですけど。
    この映画の皮肉が本当に皮肉にならないよう心に留めて欲しいものですね。
    それにしてもこのような映画が作られるとは、あきらかに時代は進んでいるのですね。

  • モザイクや目隠しがされていない人は
    役者の可能性が極めて高いのに、
    途中からあたかも一般人のように見えてくる。
    その「一般人」役の役者の演技は
    なんら違和感はない。
    ただ、頭では「役者だ」と思っているにも関わらず、
    「ドキュメンタリー映画だ」と感じてしまう自分が恐ろしい。
    映画の内容的にも、あえてこの手法をとったということは、
    「気付かない間に(嘘だとわかっていたことが)真実だと錯覚してしまう」というメッセージも含めていたのではないかと思う。

  •  自殺する直前のヒトラーが突然現代に舞い降りた。彼はヒトラーを演じる芸人として人気を得ていくが。。。
     大人気小説を映画化。

     かなり小難しい小説なのでどう映画化するのだろうと思ったが、原作をちゃんとなぞりつつ大胆な+αを加えている。
     その+αとはドキュメンタリー要素。 オリヴァー・マスッチ演じるヒトラーが実際に街に出て色々な市民と話すシーンをそのまま映画に入れているのだ。ヒトラーを受け入れる人、嫌悪する人、反応はそれぞれだが、この生の反応は面白い。
     映画化にあたってちょっと残念だったのは原作よりヒトラーを分かりやすく危険に書いているところ。原作のヒトラーはネオナチよりリベラルに共鳴し、ヒトラーとリベラルが紙一重であったことをうかがわせる。ちなみに原作のラストは、ヒトラーが今までユダヤ人を敵だと思ってたが、実はそれはユダヤ人ではなくグローバル企業だっと悟るところで終わる。

     まぁそれでも映画化の難しい小説をうまく映画にしたと思う。
     興味を持った人はぜひ小説も読んでほしい。

  • まったく予備知識なしで 観ましたが、

    笑いもあり、怖さもあり・・ チャレンジ精神もあり・・

    この作品を作ったドイツの人々を尊敬しました。

    今の日本で、

    例えば、第二次世界大戦時、暴走した陸軍の誰かを笑う映画を 作れるでしょうか??


    「今 難民問題に悩む欧州に、

    もし ヒトラーのような ある方向性を決定づける人物が出てきたら・・

    あなたは、どうする?

    笑う? 批判する? それとも・・?」

    と 問題提起するような内容でした。


    途中、ヒトラーと主人公が、いろんな方に突撃インタビューをするのですが、

    その中に政治団体もあって・・ 

    演技ではない緊張感がありました。



    ちょうど、2017年1月31日、

    米国のドナルド・トランプ大統領が、難民の受け入れ凍結とイスラム圏7か国の出身者の入国禁止を指示した大統領令を出し、

    この映画を思い出しました。


    ヒトラーも、演説がうまく、自国(ドイツ)を大事にしていました。

    怖いのは、そういう人物を良しとする 大勢の人々がいることです。

    第二次世界大戦時のドイツには、ヒトラーを支持するドイツ人が多かった。

    今のアメリカは・・半々でしょうか?


    あの人は、ヒトラーと もしかしたら似ている部分があるかもしれない、

    私たちは、ヒトラーを支持した民衆と、もしかしたら そう違わないかもしれない・・

    と 時には 疑ってみるのもよいのではないかと思いました。

  • ER IST WIEDER DA
    2015年 ドイツ 116分
    監督:デヴィッド・ヴェンド
    原作:ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』
    出演:オリヴァー・マスッチ/ファビアン・ブッシュ/クリストフ・マリア・ヘルプスト
    http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

    原作は未読。あのヒトラーが現代にタイムスリップしてきたら・・・?というブラックコメディ。序盤は、タイムスリップものの定番であるところの、昔の人が現代にやってきて文明の利器に驚く系のギャップで笑いを取り、周囲の人はコスプレかモノマネ芸人だと思ってとくに不審がりもせず、というお約束の展開。

    テレビはもとより、観光客が一緒にスマホで自撮り、SNSで拡散、Youtubeで配信など、いかにも現代らしいツールを使って、ヒトラーが受け入れられていく過程は現代ならでは。ありえそう、と思わされる。この時点では映画の中の「国民」も、映画の外の観客も、ヒトラーのことを新しいゆるキャラ程度にしか認識していない。

    大きな転換があるのは、認知症のお婆さんがヒトラーが本物であることを見抜き罵倒する場面から。怖いのは、ヒトラー本人が言うように、結局彼を指導者として選んだのはまぎれもなく「国民」自身であったということ。確かに彼の演説には説得力があり、ブレない指導者としてのカリスマ性があり、国民は後でそれが間違いだと気づくとしても、一度は彼を選び、彼を求め、彼の思想を良しとしたわけで。現代にタイムスリップしたことを彼は「神意だ」と言う。つまりまた彼のような人間を人々が潜在的に求める時代が来てしまっているということ。これは怖い。すごい皮肉だ。

    後半、ヒトラー自身がこの体験を書いた「帰ってきたヒトラー」という本(ヒトラーにとってはノンフィクションだが、読者はもちろんフィクションだと思っている)がベストセラーになり映画化され、映画の中のストーリーと映画そのものが混在する構成は面白かった。

    あとひとつ、犬好きの人にとっては大変不愉快な場面があるので要注意。個人的には映画館で、その場面で大声で笑う客が数人いたのが不愉快でした。確かにこの場面でのヒトラーの動作自体はコミカルだったけど、ぜんぜん笑うところじゃない。ここで笑うような人間が、きっとヒトラーのような人間を支持するのだろうなと思って気持ち悪くなった。

  • コメディーと銘打っているけれど内容はシリアス。もっと間抜けなヒトラーが見られるバカバカしい映画かと思ったら意外と高尚ともいえる内容で風刺が強い。むしろ怖い。
    ヒトラーに扮した俳優が実際のドイツ国民と語らうドキュメンタリー的な映像が一部入っていて本当に移民問題に対しては不満がつのっているというリアルな実情がわかってしょせん映画と手放しで楽しむことはできない。
    どういう目線で観ればいいのか迷うし、笑っていいのか(実際に笑えるほどギャグが冴えているかは別にして)わからないけれど、思ったより最近のドイツではナチスはタブーではないのか、日本と同じで戦争が風化していってるのかな。
    でも歴史を繰り返さないために過去を知るということは重要だし、この映画の原作本もそれを意識した風刺小説のようだ。

    お馬鹿映画が観たい、政治的メッセージとかいらないって人には向かないコメディー。

  • 異例の問題作として公開当時話題になっていた一作。
    ついに見る機会を得ました。
    コメディだと聞いていたのですが、徐々に話が重みを増していき、途中からは「これコメディか?!」と思うようなところが多々ありました。

    事前情報で一般市民に話を聞いているところは仕込みでもなくエキストラでもなく、本当に何も知らない人たちと話していると聞いていたので、これがリアルなドイツ国民の声なのか…!と驚きました。相当数の難民を受け入れていていろいろ苦労があるから、不満が高まっていることは事実なんですが、不満がかなり溜まっているな、と。
    それに、ヒトラーを見たときの人々の反応ですね…。ドイツ史における大悪人のはずなのに、かなり人気を博していて驚きました。本人がとっくの昔に死んでいるという事実があるからこそ、人々は本物だとは思わずに何らかのパフォーマンスであると判断していたのでしょうが。
    一方で中指を立てている人や威嚇している人もいて、リアルなドイツがありました。

    途中からどこがドキュメンタリーでどこが映画(役者が演じている)なのかがわからなくなって、「なにが現実なんだ…?!」と戸惑ってしまいました。すごいです。素直に怖いと思いました。

    これはコメディに分類していい映画ではないと思う。

  • ドイツ人にとってヒトラーの存在ってもっと、ブラックホールなのかと思ってたからはじめは滑稽なヒトラーの姿に一体どんな気持ちで観ればいいのか分からなかった。
    たまに目線が入るドキュメンタリー風?映像もあり、結果的にすごく面白いのに、あまりにブラックすぎて観たあとから考えるほどになんとも言えないぞわぞわ感が出てくる作品でした。
    「総統ヒトラーは恐ろしき指導者だった。」ということはは紛れもない事実だけど、彼だけが圧倒的なサイコパスな支配者だったのかはわからない。
    珍しいものにすぐ飛びついてそれがあっという間に広まってしまうメディアやSNSが普及した現代✖️ヒトラーのそっくりさんという恐ろしき構図。

    現代に帰って来たヒトラーを面白おかしく盛り上げるこの作品に出てくる一部のドイツ国民たちのように、あの頃もきっとそんな風に彼の圧倒的な指導者然とした振る舞いがナショナリストの国民を熱狂させてたのだということもこの作品を観ると容易に想像つきます。

    70年以上経ってもなお歴史上の過ちの足枷をはめEUを経済的に支える大国になっているドイツでも、移民政策によりヒトラー統治時代のように右翼意識の強まる国民感情や若者によるネオナチ化など、隠しきれない現在のドイツの姿をしっかりと風刺していて、コメディだけど、「ちょっとしたきっかけで歴史は繰り返されるんだよ。」というブラックなメッセージが込められているような気がしました。

    もし、「ヒトラーだって本当は普通の人のいい人間だったかも」みたいな話だったらどうしようかと思ってたけど、綱渡りみたいなほんとにギリギリの所を攻めながらも、あの歴史を忘れないようにしようというメッセージ性も感じられた、いろんな意味で勇気ある作品でした。

  • 面白い、と言っていいのか。
    フィクションとわかっているのに、その妙なリアルさにぞっとする。
    ヒトラーに「私のころより悪い」と言われてしまう現在のドイツ。ヒトラーと街の人や政治団体との政治談議なども織り交ぜた風刺の利いた社会派コメディーかと思いきや、そういう問題ではなかった。”芸人”として受け入れられつつあったヒトラーとユダヤ人のおばあちゃんが出会ったシーンで、現実を突きつけられた。私たちはやはり本当の戦争を分かっていないのだと。そしてそのことは、再び誤った選択をしてしまいかねない危険性をはらむのだと。ドイツの人はどんな思いでこの映画を見たのだろう。それすら私には想像できない。ヒトラーのこと、歴史のことをちゃんと知りたくなった。

  • 音楽はセンスない上に過剰。

    ヒトラーはあんまり似ていない。この役者の方がハンサム。

    きっと原作はもっとアイロニーがあったと思うが、映画はコメディにするためドタバタした印象が強い。

    ニュースでは伝わらない、ドイツの庶民の声が聞こえてきたのは良かった。ドイツ人ならもっと楽しめただろう。
    現在右翼とされる政党より緑の党がヒトラーの考えに近いとか。今の右翼のバカさ加減、腰抜けの様子など。

    ヒトラーを恐ろしい狂信的な人物にせず、話術巧みで人心掌握の上手い魅力のある人物として描いたのは、ある意味危険なのだが、実際そうであったろうと納得させられる。
    独裁者と言われるが、この映画でも言っている通り、選挙で選ばれたのだ。じゃあ、選んだ国民に責任はないのか。
    極右政党が台頭し、移民に対する感情は厳しく、ISのテロも起こる現在、ヒトラーのような弁舌巧みで魅力ある政治家が出てきたら、果たして同じ過ちをくりかえさずにいられるのか、という問いを残す幕切れ。
    映画としての出来はそんなに良くないけれど、一見の価値はあると思う。日本も状況は似ているから。

全59件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする