エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 248人登録
  • 3.45評価
    • (13)
    • (42)
    • (49)
    • (11)
    • (2)
  • 49レビュー
監督 : アレックス・ガーランド 
出演 : アリシア・ヴィキャンデル  ドーナル・グリーソン  オスカー・アイザック  ソノヤ・ミズノ 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102445294

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。しかし期待以上ではなかった。思った通り、という展開と結末。映像、Ava役の女優さんが美しい、実験台の男性が好印象。
    試作を繰り返しているA.I.の殻というのかロボットというのかが、全部若い女性であることが、この映画のレベルを少しだけ下げていると思った。男性も作ったら?被験者に女性も選んだら?
    広大な土地があるのだから、施設も広くして、別セクションで同時進行的に実験を何本もやったら?
    とか思ってしまった。
    そういう意味で、飲んだくれのボスがポンコツすぎる気がした。

  • 検索エンジンで有名な世界最大の
    インターネット会社“ブルーブック”で
    プログラマーとして働くケイレブは、
     
    巨万の富を築きながらも
    普段は滅多に姿を現さない社長の
    ネイサンが所有する山間の別荘に
    1週間滞在するチャンスを得る。
     
     
    AIを搭載した女性型ロボットが
    ある使命を帯びたときにどのような行動に出るか?
     
    数あるAIを題材にした作品の中でも
    よく練り込まれていて、考えさせられる作品。
     
    エンジニアが観て納得でき、おもしろいと
    思える作品です。

  • 〇日本語字幕
    〇日本語吹き替え



    なんだかとても良かった。
    どっちのオチも好きだけど、より好きな方だった。
    それにしても天才な割に酒で失敗って。
    もっと慎重になるべきだったね。
    敷地から離れたら電源落ちちゃうパターンでも良い。
    先を考えるとあの人は連れていけば良かったと思う。
    メンテとか生活とか。

  • EX MACHINA
    2015年 イギリス 108分
    監督:アレックス・ガーランド
    出演:ドーナル・グリーソン/アリシア・ヴィキャンデル/オスカー・アイザック/ソノヤ・ミズノ
    http://www.exmachina-movie.jp/

    検索エンジン世界最大手のブルーブック社内で開催された、抽選に当たると社長の別荘で1週間過ごせる!という企画に当選したプログラマーのケイレブは、ヘリコプターに乗らないといけないような大自然の中の山荘に招待される。外観は自然にとけこむオシャレな木造っぽいけれど中は超ハイテク。しかし超有能な創業者で社長のネイサンはいつも酔っぱらっているし、設備はハイテクだけど遊ぶとこもないし、おまけに謎の守秘書類にサインさせられて、社長が一人で極秘で開発中の人工知能搭載女性型アンドロイド「エヴァ」のチューリング・テストに協力させられるはめに。まあ仕事大好き人間が出世の糸口掴むためと思えば嬉しい状況なのかもしれないけど、正直社長の豪華な別荘で優雅に休暇を過ごせると思っていたら、こんなのご褒美どころか罰ゲーム(苦笑)

    しかし真面目なケイレブくんは、せっせとアンドロイドとの面談にいそしんじゃう。なぜなら、このアンドロイドのエヴァが超可愛いから(笑)演じるアリシア・ヴィキャンデルは「リリーのすべて」での人間くさい役柄とはうってかわって、無機質でぎこちない仕草のアンドロイドを演じていて絶妙。さらにアカデミー賞視覚効果賞も納得の、半透明のそのボディが美しい。登場人物はこのほかに社長の愛人兼家政婦のようなキョウコという女性のみ。このキョウコさん(演じているのは日系イギリス人のソノヤ・ミズノという女性でバレリーナでモデルらしい)も大変美しいし、大自然とハイテク施設の対比もオシャレだし、映像の目の保養度はかなり高い。

    ストーリーは一見、アンドロイドものの定番、人間とアンドロイドのラブストーリーのような展開だけれど、後半でどんでん返しがいくつかあり、そのどんでん返しが9割が想定内のもの、なのに、残り1割でちょっとだけ裏切られる、そのバランスがいい感じ。あ、そこはどんでん返さないんだ?みたいなところもあったりして、反対方向に期待を裏切られたり。オチはそれなりに面白かったし、タイトルのダブルミーニングも効いている。全体的にとても好みの映画だったけど、正直いうと、ちょっと途中で眠くはなった(苦笑)

    結論としては、たとえアンドロイドといえども女性は怖いなと。映画の中でロボットに性別は必要か?とケイレブとネイサンが議論する場面がありましたが、このアンドロイドがもし男性型で、テストするのが女性だったらこういう実験結果は出ないんじゃないかなとふと思ったりもしました。あとドーナル・グリーソンが誰かに似てると思ってずっと気になってたんだけど、途中であ、ファラミアだ!(※デヴィッド・ウェンハム)と気づいてすっきりしました(笑)

  • 20171212

    最初の観賞(アマゾンプライム。2017年3月ごろ)の記憶がないが、すこぶるいい映画を観たという印象だったはずだ。しかし2度目(吹替)の視聴では……とにかく怖かった。過去の試作品が登場するあたりから、もうおそろしくておそろしくて仕方がなかった。個人的に、まったく新しい恐怖の感覚だった。ロボットへの脅威を完全に更新してきた作品だと思う。

    彼女が解き放たれることそれ自体の是非を問う気持ちはないが、その経過に「創造主」らが犠牲になっていくことがフラットに描かれ、そのフラットさこそが不気味さの根源なのだろう。

  • 高性能AI搭載の女性型アンドロイドとの、密室における1週間のコミュニケーション試験。
    ネガティヴシンギュラリティ論者が言う、スタンドアロンPCに隔離されたAIであっても、人間を上回る知能を用いていつかはインターネットに解き放たれて、制御不能になるだろうっていう話を、アンドロイドでやった映画。
    これは騙されるわー、と思ってしまった自分は、たぶんチョロいヤツなんだろうなと軽く自戒。
    街中を行き交う男女と、一人の女性型アンドロイドを映した最後のシーンは、主人公を助けに戻る暗示だと信じたいけど、どうなんだろうなー。

  • 近未来のロボット作品。
    やっぱりそうなるのねという結末です。
    男は騙される生き物なんですね。
    それにしても、これからどこに行くんでしょうかね〜
    彼女?は。

  • amazonprimeにて
    何となく観てしまった、AIの話。
    確かに人の形をしていれば、恋心も湧くだろうと。

  • もうちょっと哲学的な作品かなと思っていたが、スリラー色がかなり強かった。その割には淡々と話は進むのだが。登場人物が変人しかいない。

  • AIはヒトに恋をするのか?
    ヒトはAIを愛するのか?
    AIはヒトを騙すのか?
    ヒトはAIを物としか見ないのか?

全49件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする