ロスト・バケーション(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 33人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (7)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ジャウマ・コレット=セラ 
出演 : ブレイク・ライブリー  オスカル・ハエナダ  ブレット・カレン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462108623

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロスト・バケーション(初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 近頃のサメ映画は、「ふざけているのかい?」って言うのが非常に多かった気がする。
    もう、それサメじゃないから!的なね。
    これは、久しぶりにサメの映画と思えた。
    突っ込みどころがないかと聞かれれば、ありますよ。
    でも、十分楽しめた。
    が、非常に痛いなぁ。

  • 良いね、良いよ。iPhoneに、GoProも、今っぽいサバイバルだし。でも、サメはあんな動きするのな?

  • 小細工なしの本気サメ映画。
    手に汗握って画面釘付け。
    面白かったです。

  • アデラインの女優さん、やっぱりスーパー美人ですね。
    とにかく痛々しいシーンが印象的なシンプルムービーでした。

  • エクソシストのサメバージョンやら空から降ってくるサメ、ゾンビになったサメやらが蔓延るサメ映画という括りでは正統派サメ映画と言える作品。

    何より海の映像が美しくて、サメの恐怖がありながらも、シュノーケリングしたい!と思わせる映像美。Blu-rayで見て正解。

    あと、これは殆どの映画に通じて言えることだけど、邦題で損してる。

  • 極上のサバイバル、奇跡の生還
    …と言いたいところですが…
    ラストは嘘臭くて好きになれない。
    実話ベースだから本当の展開からは、
    そんなに外れてないんだろうけど
    ちょっとばかしうまく作りすぎてるんじゃない
    ですかねぇ〜(-_-)
    南の島の美しさに満ちた導入部は素晴らしい。
    波を切り滑り落ちるように滑走するサーフボードの気持ち良さを十二分に堪能させて頂きました。

    サメが現れてきてからのせめぎ合いもなかなかにスリリングで見所ありで、監督さんの手腕に惚れ惚れとする所でしたが決着のつけ方が派手すぎです。それで台無し…(*_*)一気につまんない駄作に成り下がってしまっている気がします。

    こういったサバイバル系の作品だといささか主人公の胆力が並外れ過ぎているのも気になっちゃいますね。もう少し恐怖と怪我のハンディキャップでヘタレた部分を上手く練り合わせて欲しかったです。

  • 個人的には「鮫モノ」としては「オープン・ウォーター」以来の面白さでした。

    まぁセラ監督ですしねぇ。
    (「蝋人形の館」も面白かったし「エスター」は傑作だし...)

    最後のシーンは鑑賞中には気が付かなかった方法で幕が閉じましたし、良くまとまっていた作品なんではないかと思います。
    ...中盤にちょっとダレるのは仕方がないかなぁ...物語の構造上、周囲には海しかないし....

    あと、これは毎度のことなんですが邦題の「ロスト・バケーション」はちょっとどうかと。
    これだと鮫の映画どころか海が舞台なのか山が舞台なのかわからないしそもそも「バケーション」か?あれは?

    普通に「ザ・シャロウズ」でいいんじゃないかなと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ロスト・バケーション(初回生産限定) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする