ライオット・クラブ [DVD]

  • 27人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ロネ・シェルフィグ 
出演 : サム・クラフリン  マックス・アイアンズ  ダグラス・ブース  サム・リード  フレディ・フォックス 
  • TCエンタテインメント (2016年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474180177

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ライオット・クラブ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • これはいまいちだったかなー 腐った美しい男たちという部分では同意出来るけど行動が下衆過ぎて共感は難しい。

  • オックスフォード大学の秘密クラブ「ライオット・クラブ」のメンバーは、全学生の頂点に君臨する超エリートばかり。卒業して地位を得たら常に衆目を浴びて品行方正が求められるのだから、短い学生時代に自由を謳歌しよう、というのが主な活動目的。

    もう少し軽い話かと思っていた。
    二十歳前後の男子が集まると簡単にタガが外れて、さらにアルコールが入ると抑制が効かなくなるのは分かるけど、これが何でもお金で解決できると思いこんでいて労働者階級を見下しているお坊ちゃんの集団となると、見るもおぞましい地獄の様相を呈してくるわけで。
    オックスフォード大学に実在する秘密クラブがモデルで、元イギリス首相もそのメンバーだったとか。映画の内容ほど酷いクラブでは無いことを祈るばかり。

    とにかく不快な内容だけど、眉間にしわを寄せながら最後までのめり込んで見てしまった。名門大学の雰囲気や美形俳優を拝むのにはオススメ。

  • ボンボンが調子乗って暴走する胸クソ悪い映画だろうなあと思って見てみたら想像以上で涙が出そうなほど、未だ震えが止まらないほど胸クソ悪い映画でした。
    あんな人の好さげな店主(金に目が眩んだところはありますが)を殺すのかともう本当にあのシーンは心拍急上昇でまともに見れずに早送り。生きてるとわかったときには生きててくれてありがとうで泣きそうでした。
    ここまで胸クソも後味も悪い映画も久々でしたという意味でお見事な作品。
    人の好さげなおっちゃんおばちゃんには幸せになってほしいという意向の方にはトラウマものなので絶対にオススメしません。

    追記:数時間経っても未だ消えないこの胸クソの悪さ・・・すごい作品です・・・

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする