ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 141人登録
  • 3.32評価
    • (7)
    • (21)
    • (35)
    • (6)
    • (3)
  • 27レビュー
監督 : ポール・グリーングラス 
出演 : マット・デイモン  トミー・リー・ジョーンズ  アリシア・ヴィキャンデル  ヴァンサン・カッセル  ジュリア・スタイルズ 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102500481

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マッドデーモンが好きなので、ボーンシリーズ結構観てるけど、さすがにネタ切れかな。ハラハラ感があんまりなかった。
    しっかしマッドデーモン、もう年なのに相変わらずカラダはっとりますな。それは変わらず見どころ。

  • ボーンシリーズ第5弾
    正確にはめっちゃ面白かった3部作+こけたスピンオフの後の作品。
    そう、帰ってきたボーン!!!

    3作目のラストで記憶が戻り、それ以降は闇の格闘技の世界で生計を立てるという不毛な生き方をしていたボーンのもとへニッキーがやってくる。
    ニッキーが、、、、また、、、すごい変わりよう。
    大丈夫か?ニッキー。いや、ニッキー役のジュリア・スタイルズ!!
    そのあまりの変貌ぶりにもう出演ダメだってことでニッキーは開始後すぐに息絶える。
    最初のトレッドストーン作戦とはボーンの父が計画発案したんだという謎の言葉を残して、、、

    そこからはお馴染みボーンの流れです。
    何やっても誰よりも強いぜ、ボーン!!
    最後のシーンでリーちゃん(アリシア・ヴィキャンデル)を手玉にとるところなんかもカックイイ(笑

    しかし、ちょっとボーンも歳とってきた感は否めず、何だかジャック・バウアーみたいに見えてきた。3部作を超えることもなく、ボーンシリーズはこれで終わりかなぁ?
    まぁ、、、、それなりに面白かったけど。

  • なぜ自分がジェイソンボーンになったのか、自分を探す旅が終わった過去の三部作から数年、CIAから隠れながら生きながらえていたボーンのところへ情報が届く。

    父親が、トレッドストーンの発案者だという情報。

    父親が殺された真相と、それに連なる自らの過去の真相を求めて、ジェイソンボーンは再び動き出す。

    CIA長官のトミーリージョーンズ、何やってもうまいね〜。

    「最近のCIAは変わった」というが、結局何も変わってないやん、といういいオチで終わる。

    ポスト・スノーデンの後の時代だからこそ描ける、国家による監視とSNSの発達度合い。
    遠からずこんな感じなのだろうと思える描写。
    世界中飛び回るフットワークの軽さなど、旧作を引き継ぎながら物語は進んでいく。

    が、少し物語が二番煎じぽくなってしまうので、飽きる人には飽きるかも。   少し物語の奥行きも、悪い奴(巨悪)が誰かが、結構固定されてしまうので、出しにくい。

    でも、これが今のアメリカに繋がってるように思えてならないような撮り方をしているのは、すごいとこだと思う。

  • 長々と観続けてきたシリーズだけど、いよいよファイナル(?)になるのかな。けれどもうパターンが出来上がってしまっていて、冒頭でヒロインが殺されて、CIAの幹部が陰謀を企んでいて…という前作までとだいたい同じ展開の繰り返し。池井戸潤の『半沢直樹』や『下町ロケット』もそうだけど、難しい用語は使ってはいても構図は単純な勧善懲悪だったりするのにも、もう飽きてしまった感が。アクション・エンタメとしての合格ラインを超えてはいるものの、これまで良い味を出してきたパメラおばさんが姿を消してしまったのも、もったいない。☆3

  • レンタル,DVD>ボーンシリーズ3作好きなんで視聴。同監督なんで期待値上がったんだけども。。
    う~~~ん…話があんまり。。前作の焼き直し感でたいして変わってないような…本来仕えていたCIAから外れちゃった、はぐれ者,無敵ボーンが追われる立場に…自分が誰なのか?というより父が遺した言葉の真相を追っていく話。
    過去作(1作目)より約15年ぶりの新作登場だそうで。M.デイモンがやや老けてたけど、しっかり身体を鍛え上げており素晴らし。M.ウォールバーグかと思ったわww
    有り得ねぇでしょ!?って位のカーチェイス(ベガスロケ)が迫力あり。CG使わないで本物使用。気持ち良い程ぶっ壊し過ぎwwバイク場面とかも良かった。
    まぁ~カメラが忙しくよく動いてました。特典映像のメイキング面白かったw
    パッケージ画で新女優さんA.ビキャンデルちゃん(コードネームU.N.C.L.E.:小悪魔ギャビー)が写ってたんでボーンと一緒にアクションするのか!?と思ったら全然しなかったんで予想と反した(;´∀`)。。
    現在の時代を反映してかサイバー物の要素(ハッキングやら携帯GPS,スマホ,防犯装置等色々)が強い。
    笑っちゃう程、脇のCIAがポンコツww雇われ暗殺者?ヴァンサン・カッセルとボーンに皆バッタバタ殺られ過ぎww

  • 高校時代に見始めたジェイソンボーンシリーズ。
    ずっと大好きだった。
    ジェイソンボーンのときのマットデイモンがかっこよすぎる…。

    カーチェイスのシーンはノンストップ。
    いつも早送りして見てるからさすがにクラクラしたw

  • ポール・グリーングラス監督は、カメラのブレの強弱とアップと引き、カットの素早い切り替えによってリズムを作ってスピード感と臨場感のあるアクションを撮るのが特徴。過去のボーンシリーズを含め監督が作るものはこれがある。今作もグリーングラスお馴染みの手法で撮られている。

    けど、いまいち乗れず。ボーンがCIAに追われ追って戦うストーリー。最強感だけは前作より増した模様。ただ、知能戦もなく伏線が巧く回収されるわけでもない単線なストーリーは、前ボーンシリーズより劣る。
    確かにギリシャでのバイクシーンの臨場感やベガスのカーチェイス(SWATの装甲車はそんなに頑丈?戦車じゃないんだから・・、と思うシーンはあった)は、CGも使わずよくぞ実写で思うほど迫力がある。
    にもかかわらず、今作においてカメラのブレが強過ぎ。カットの切り替えが速過ぎ。おまけに主なアクションが夜のロケで、見づらくて正直何やってんのか分からんカットがいくつか。見ていて疲れた。アクションの醍醐味が死んでいると思う。
    ボーンシリーズで見慣れたしまったというのもあるけど、新しいアイデアや斬新な撮り方をしないとこのシリーズのコアなファン以外は楽しめない。

  • ジェレミー・レナーめちゃくちゃカッコイイ!
    この人はさ、なにやってもかっこいよ。

  • 面白かった!特に、カーチェイスシーン。SWAT車って、無敵だと思いました。ただ、前回三部作のような深みがない。格闘戦のキレがウリだったのに、キレてない!先読みの鋭さを失っている。残念だったのは、ニッキーが死んじゃったこと。

  • 残念ながらシリーズ通して相変わらずの面白さゼロ…
    大体物語が地味すぎるし、派手に色々やってるんだけどカーチェイスばっか頑張り過ぎてて見にくい。
    華がないと言えば良いのか、スカッとしない作品ですね。毎回です(笑)

全27件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする