スペース金融道 [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 宮内悠介
  • 河出書房新社 (2016年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スペース金融道の感想・レビュー・書評

  • キャラクターがすごく魅力的。金貸しものとしても、SFとしても、コメディとしても、最高に楽しめた。人間とアンドロイドの共生、おもしろく描かれる中、考えさせられもした。
    著者の政治的、哲学的思想には、いつも考えさせられるものがある。
    ラストがまたいぃぃ。泣いた。

  • タイトルだけで面白いことが約束されているやつ。
    太陽系から遠くの星系にまで人類が進出し、アンドロイドが人権を持つまでに(思い切り差別されてもいるけれど)進歩した未来。差別のために他の金融機関で借金ができないアンドロイドも含め、どんな相手にも金を貸し、どんなところにでも取り立てに行く、インテリ上司とまきこまれいじられ系部下のバディ金融もの。
    金融SFってのも面白いし、コメディタッチなので主人公がどんなひどい目にあってもある程度笑っていられる。
    宮内悠介は凄いなあ。

  • 原題はThe Adventures of a Galactic Loan Sharkだけど某漫画を彷彿とさせるヒドい邦題っていうテイからも内容が想像できるとおりのドタバタSFでした。銀河ヒッチハイクガイド的な。ところで、高利貸しって英語だとサメなんですね。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

スペース金融道はこんな電子書籍です

スペース金融道の単行本

ツイートする