げんきな日本論 (講談社現代新書) [Kindle]

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (253ページ)

げんきな日本論 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • んー、この本は苦しくて最後まで読みきれなかった。
    最初は斬新な見解が面白いと思っていたが、途中で、この著者たちは、日本史の基本的なことを知らないではないか、ということに気づいてしまった(それが、1か所や2か所の勘違いや誤解ではない)。
    そうしたら、言っていることの内容が、間違った前提で勝手なことを言っているだけに見えてしまうようになった。
    それでも、どこかに有益なことが書いてあるのではないか、と思い8割方読み進めたが、やっぱり間違った前提で話している部分が多く、時間の無駄なのでやめた。

    まったくおすすめできない本です。

    *読んだのはKindle版ではないが、間違って書き込んでしまったことにずっとあとに気づいたため修正はせず。

  • 「カエサルを殺してしまって、人々は初めて、自分たちがすでに新しいシステムへと移行していたことに気づくわけです。」

    中国では、神は中の下。天が最上位。
    神はいっぱいいる。

    日本人は、音声を文字化する。
    これはとてもわかる。

    鄧小平は、毛沢東の思想は正しいからその通りにする、と言った。なぜなら、その通りする気がないから。

  • 大澤さんが「ウガヤフキアエズ朝ではヒヒイロガネを製造してたらしいですよ」とか言い出しそうな雰囲気の自由奔放な雑談でした。茶化してるわけでなく、ノーエビデンスの思いつきが続くのが人文系の本の面白さと思ってます。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

げんきな日本論 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

げんきな日本論 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

げんきな日本論 (講談社現代新書)はこんな電子書籍です

げんきな日本論 (講談社現代新書)の新書

ツイートする