ピース オブ ケイク [レンタル落ち]

  • 91人登録
  • 3.10評価
    • (3)
    • (13)
    • (11)
    • (9)
    • (3)
  • 19レビュー
監督 : 田口トモロヲ 
出演 : 多部未華子  綾野剛  松坂桃李  木村文乃  光宗薫 
  • 2016年2月2日発売
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953057005

ピース オブ ケイク [レンタル落ち]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケーブルテレビで。

    主人公には個人的には共感できないのだけど、そういうれんあいもあるんだろうな、と。

  • 単純。落ちが好きじゃない。
    でもこんなことよくあるよねという映画。
    もうちょっとドキドキしてみたかった。

    松坂さんの演技ひかってました!

  • キスがよかった。

    ちゃんと、わかる、伝わる‼︎
    の、なんだろ。恋愛感。

  • 多部未華子の惚れっぽく、そして、なげやりで、
    普通の嫉妬心がある 吹っ切れたようなオンナ。
    レンタルビデオ屋で働くときめたら、
    店長は アパートのとなりの人だった。
    イマドキ、東京に庭付きの賃貸し部屋が あるもんだ。
    それで、簡単に 好きになってしまう。
    店長は 綾野剛。
    優しさと、包容力がありそうで、普通のオトコ。
    店長の部屋には意地の悪そうなオンナ/木村文乃
    が一緒にいた。
    店のコンパで、酔って、店長の部屋にもつれこみ、
    そのまま、寝てしまう。意地悪オンナが怒鳴り込む。

    この意地悪オンナが作家で芥川賞を獲ってしまうのである。
    その物語を読みながら 意地悪オンナと店長の関係を知り、
    そして 多部未華子は 嫉妬するのである。
    レンタルビデオ屋のアルバイトから、劇団の服装デザインの担当になる。
    この劇団の役者の松坂桃李の雰囲気が実にいい。
    オカマ役もやれるのだ。
    そこで、やっと 店長に再び会うことで、
    物語はハッピーに終る。
    多部未華子が 大人の役をしたと言うことかな。
    綾野剛が 自然な雰囲気で いい感じだ。

  • 多部未華子がすごくかわいい。
    綾野剛もすごくかっこいい。

    いいなー!恋愛したいー!と、なる。

    旅行に行ったとき、けーたい見てしまって、温泉に入ってる店長にけーたい投げつけながら「お前はすでにヤッている!」のところ、めちゃわらう。

    悲しくなったりウキウキしたり、照れたりなんたり、いちいち顔がニヤける映画だった。

  • 「色即ぜねれいしょん」での田口トモロヲ監督✖︎脚本:向井康介のタッグのラブストーリーとだけあってちょっとアングラな世界観も漂ってて、パッケージの印象とは違うので良かった。
    主人公の志乃ちゃんと綾野剛演じるヒゲ店のしょうもない恋模様の描き方のセンスがいい。
    つまり、みっともない加減のセンスがちょうどいいのだ。
    おかまの劇団員の松坂桃李も、劇団代表の峯田和伸やバイト仲間の菅田将暉など脇のキャラクターもしっかりしててなんか下北沢辺りに居そうでニヤニヤしてしまった。

    成人しても、まだまだ大人になりかけの微妙な年頃の男女のしょうもない日常が一所懸命でなんだか愛おしいかった。

    童顔でかわいらしい印象の多部未華子のエロいシーンとか、ダメ女ぶりとかは意外すぎたけど、実際演じてみるとやっぱり流石でした。
    因みに綾野剛のお尻も拝めました 笑

    こういうの観ると、ダメダメでもいいからこんなみっともない恋愛もう一度してみたくなった。

  • 恋愛体質というのは、こういう人をいうんだと初めてサンプルを見た気分です。惚れっぽい、流れに逆らえない、後付けで自分に言い訳する。ヒロインを見ていると、そんな傾向があるのでしょうか。でも、この恋が成就して恋愛体質から脱出できるといいですね。

  • B。多部未華子かわいい。天ちゃんいい味出している。劇団の千葉さんはNHK「ひよっこ」の宗男叔父さんだよね。

  • 久々にエンドロールが心地よい映画だった。
    ずっと昔に読んだ原作よりもインパクトがあり、配役も完璧だったと思う。
    レディコミの王道を地で行くタイプで最後まで外さなかった。

  • 恋愛体質の多部未華子が・・・
    失恋の痛手から心機一転してアパート引っ越して新生活!
    そしたら隣部屋の男に一目惚れ・・・
    風が吹いたんだそうな・・・
    友人のオカマ松坂桃李にバイト紹介してもらって、面接に行ったら・・・
    何とそこには一目惚れした男、綾野剛が・・・
    しかし・・・
    綾野剛には彼女がいたのだ・・・
    それでも・・・
    好きです!と告ったけど・・・
    嬉しいけどゴメン!と断られる・・・
    でも、ワンチャンス・・・
    その彼女が突然家を出てってしまう・・・
    謎の失踪・・・
    彼女がいなくなったことで・・・
    晴れて結ばれた2人(簡単に)・・・
    幸せな時を過ごしていると・・・
    おや?
    綾野剛が・・・
    何だか・・・
    怪しいぞ・・・

    ・・・

    オイコラ綾野!!!
    オラオラオラ!!!

    ある程度楽しめたのはここまで・・・
    あとはピークアウト・・・
    ザックリとその後は・・・
    別れて、スグに別の男(バイト先の菅田将暉)と流れでヤッちゃって、はいまた自己嫌悪、仕事が突然上手くいき始め、仕事で活躍、充実・・・充実?
    偶然、綾野と再会、大嫌い!キスして終了・・・
    やー、平凡な展開である・・・

    しかし・・・
    何はともあれ多部未華子である・・・
    多部ちゃん頑張った・・・
    良かったです・・・
    一番の見所は多部ちゃんが、上手いことダメ男感を出す綾野剛をオラオラオラするところ・・・
    2人のあのやり取りはとても良かった・・・
    それを楽しむ映画である・・・

全19件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ピース オブ ケイク [レンタル落ち]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ピース オブ ケイク [レンタル落ち]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ピース オブ ケイク [レンタル落ち]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする