ロブスター(字幕版)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ヨルゴス・ランティモス 
出演 : コリン・ファレル  レイチェル・ワイズ  レア・セドゥ  ベン・ウィショー  ジョン・C・ライリー 
制作 : ヨルゴス・ランティモス  ヨルゴス・ランティモス  エフティミス・フィリップ  エド・ギニー  リー・マギデイ  セシ・デンプシー 
  • 2016年10月4日発売

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロブスター(字幕版)の感想・レビュー・書評

  • WIRED誌で取り上げられてたので観てみたよ。

  • THE LOBSTER
    2015年 ギリシャ+フランス+アイルランド+オランダ+イギリス 118分
    監督:ヨルゴス・ランティモス
    出演:コリン・ファレル/レイチェル・ワイズ/ベン・ウィショー/レア・セドゥ
    http://www.finefilms.co.jp/lobster/

    舞台設定は「カップル」でなければ迫害される不条理ディストピア。妻に別のパートナーが出来て離婚、「独身者」になってしまった男(コリン・ファレル)は、独身者だけが集められる施設(見た目は素敵なホテル)に赴く。どうやら強制で、そういう法律らしい。集められた独身者は相手に恵まれなくてシングルなだけの若くて可愛い子もいれば、主人公のように離婚したもの、死別したものもいて年代も様々。

    彼らに与えられる猶予は45日間、その45日の間に集められた独身者の中からパートナーをみつけなくてはならない。なんだか「ねるとん」や「あいのり」のノリでもあるし、要するに泊まり込みの婚活パーティですね。しかしカップルになるだけでは駄目で、その後さらに厳しい審査がホテル支配人によっておこなわれ、正式なカップルと認められればようやく町に戻って普通の暮らしを送れる仕組み。そして45日の間にカップルになれなければ、無益な独身者として、なんと「動物」に変身させられるという刑罰が待ち受けている(※動物は事前に好きなのを申請しておける)。猶予期間を延ばしたければ「狩り」の時間にホテル周辺の森に隠れている脱走独身者たちを見つけ出して捕獲、すると一人当たりにつき1日猶予がプラスされる。

    以上が「ルール」なので、なんで?どうして?どうやって?等の疑問は差し挟まないほうが楽しめます。バトルロワイヤルの類と同じで、そういうルールの社会で人はどうするか、のほうが主題。森での「狩り」のシーンとかほぼ「ハンガーゲーム」のパロディ状態(笑)日本でも昨今多少マシになったとはいえ、クリスマスやバレンタインに「ぼっち」などありえない、「カップルでなければ人に非ず」的な風潮は多少なりとも残っているし、そういうカップル至上主義文化、さらに結婚至上主義な婚活文化を皮肉っているようでもあり、しかし逆にこのまま少子化などの問題が拡大すれば、独身、子なしは犯罪、と見なされるディストピアな未来が本当に来ないとは限らない。独り者としては身につまされる(苦笑)

    それにしても動物に変身させられるとはこれまた奇抜な。日本人なら泉鏡花の『高野聖』を思い浮かべるところ。余談ですが映画公式の「ロブスター動物占い(http://lobster.doubutsu-uranai.com/)」を私も試してみたところ、「マニアックな犬」という結果が出ました(笑)「ひとりが好きで、自分の流儀をもっている。初対面ではとっつきにくい」そうで、まあ当たっているといえば当たっているような。まあどうしても動物にならなくてはいけないというなら、私はワニがいいのだけれど。ちなみにタイトルの「ロブスター」は、主人公が変身したい動物。甲殻類とは渋い。そして主人公は犬になった兄を連れている。

    まあそんなわけで、なんとかカップルになりたい相手をみつけたコリン・ファレルだけど、相手の女性がとんだサイコパスだったせいで酷い目に合わされ、なりゆきでホテルを脱走、森に隠れ住む独身者たちのコミュニティに助けられ、素敵な女性レイチェル・ワイズに出会いお互い一目惚れ、恋に落ちる。普通ならこれで二人は正しく恋愛し、社会復帰できてめでたしめでたしになるところなのだけど、そうは問屋が卸さないのがこの映画の嫌なところで深いところ。

    最初は社会と闘っているのかと思ったこの独身者コミューンのリーダー(レア・セドゥ)は、いったいどんなトラウマがあるものか謎ながら、カップル文化をいたく憎... 続きを読む

  • SFの世界。色んな賞を獲っているみたいだけど、そこまで傑作という感じはしなかったなあ。レア・セドゥがはまり役。レア・セドゥの場合、はまり役の範囲が広すぎだけど。ラストが谷崎の『春琴抄』の世界だった。どうなったのかな。

  • むっちゃ期待して見たのだけど、今一つ。ヘンテコな雰囲気は買うけども、少しやり過ぎにも、また同時にどこか物足りないようにも見えた。監視社会を描いたSFという点はありがちな設定にも感じた。しかしロッテン・トマトの評価とはやっぱり合わないなぁ・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする