アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書) [Kindle]

  • 31人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 角井亮一
  • NHK出版 (2016年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (143ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
岸見 一郎
伊賀 泰代
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  物流は倉庫や配送車両のシステムを整えるのに多くのコストと時間が必要なため、有力企業に一度それを構築されると他社にとっては極めて参入障壁が大きくなる世界だ。覇者は国によって異なるが、日本ではヤマト運輸がほぼ制したと言えるだろう。

     そのヤマト運輸の配送業務がパンク状態になっていることと、その原因が主にアマゾンの荷物の急増だという話が話題になった時期に、本書が月替りセールに入ったので読んでみた。著者は物流業界の方とのこと。

     序章から第二章までは、主にアマゾンのビジネスモデルを物流の視点から解説している。最後の第三章ではアマゾンに対抗するための様々なアイデアを実例と共に紹介するという形だ。実は本書を読むにあたって自分の仕事に役立てるつもりなどまったくなかったのだが、顧客との関係性の築き方などの点で参考になる部分も少なくなかった。

     私も日本では客としてアマゾンをおおいに利用していたが、中国ではアマゾンよりタオバオ(淘宝網)などがメジャーであり、物流についてもやや様子が異なるように見える。ネット通販があまりに普及した結果、実在店舗がなくなっていくという状況は日本より進行している(ヨドバシみたいな店がない)。中国のネット通販と物流がどんな仕組みになっているか解説した本があれば読んでみたいが、刻々と状況が変化するので、多分難しいのだろう。

  • Amazonでいっぱい買い物するので購入。googleと並びIT時代の寵児としてもてはやされるAmazonの経営戦略について論じている本。一般的にAmazonは(AWSもあるから)ITの会社と思われているけど、実はロジティクス(物流+戦略)の会社なんだよ、って内容です。商品購入の形態が多様化するにつれて、買い物によって満たされる欲求が人それぞれ異なることが可視化されて面白いですね!僕自身が余りに物流知らなさ過ぎてめっちゃ勉強になったので★5で笑

  • 170112読了

  • もはやアップアップの物流業界では、ネガティブニュースばかりだ。トラックドライバー不足、過剰サービスを求める顧客、ひたすらコスト減を唱える企業。そして、その業界の天上に存在するし、神のごとくふるまうアマゾン。物流業界はこのまま神、アマゾンに飲み込まれるのか。それとも反発組の巻き返しはあるのか。

    通販代行サービス会社を経営しつつ、ロジスティックのコンサルティングを行っている著者が説く物流の歴史と将来。

    物流の歴史を振り返ると、多くの失敗があり、その積み重ねで今のハイレベルな物流が実現できていることがわかる。アマゾンだって、楽天だって、ウォルマートだって、物流に関しては大失敗の経験がある。

    それにしてもネット通販が当たり前の時代、物流の期待、必要性は高まり続ける。その鍵を握るのは在庫管理とラストワンマイル対策だろう。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)はこんな電子書籍です

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)の新書

ツイートする