一流の人は、本のどこに線を引いているのか [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.90評価
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 土井英司
  • サンマーク出版 (2016年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (97ページ)

一流の人は、本のどこに線を引いているのかの感想・レビュー・書評

  • ついついやってしまっている読書の仕方のうち、決定的にそれやっちゃダメよという要素が幾つかあったが、年間年間1000冊くらい読んでいる人が言うと本当に説得力がある。

    本は読むためにあるのではなくて、読んだものを実践に活かすものであるため、読んで面白かったかどうかということは本当にどうでもいいことなのである。

    ・自分が強い共感を覚えた、自分の考えは間違っていなかったと感じた部分に線を引くのは自己陶酔でありムダ
    ・読むべき本は著者でだいたい決められる
    ・評価とは理解
    ・全部読まなくていい
    ・結果でなく、その結果を産んだ原因や背景に着目する
    ・わからないことに出くわしたときこそチャンス
    ・今年○冊読むというような目標は立ててもムダ

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

一流の人は、本のどこに線を引いているのかはこんな電子書籍です

一流の人は、本のどこに線を引いているのかの単行本(ソフトカバー)

ツイートする