新潮 2016年 12 月号 [雑誌]

  • 29人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 新潮社 (2016年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910049011263

新潮 2016年 12 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 服部文祥さんの「息子と狩猟に」。
    振り込め詐欺の話と猟師と息子の話。
    非常に緻密でリアル。
    息子とのことが少し乖離しているのかなあ。
    玄月さんの「楽園」。
    長編にしたほうが面白そうだ。
    平野啓一郎さんの「肉声」。
    文學界 2016年12月号の対談ででてきた戯曲。
    “漫画家デビュー70周年企画 手塚治虫のエロティカ”
    巻頭グラビアありの筒井康隆さんらの寄稿ありの永久保存版?
    綿矢りささんと万城目学さんと森見登美彦さんによる鼎談「愛(いと)しんどい京都」。
    どうでもいい内容のことをああだこうだと語り合っておられる。
    梯久美子さんの「甦る幻の島尾日記-『死の棘』その前夜」。貴重な話。
    長谷川郁夫さんの「編集者 漱石 第2章・松山、熊本、ロンドンへ」。
    前回と同様しらないことだらけで非常に面白い。
    村田喜代子さんの「エリザベスの友達」第五回。
    古川日出男さんの「ミライミライ」第七回。
    朝吹真理子さんの「TIMELESS」第九回。
    島田雅彦さんの「黎明期の母」第十一回。なども読む。

  • 「手塚治虫のエロティカ」関連のみ読んだ。
    他の短編も少々読んだが、残念ながら好みのものはなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

新潮 2016年 12 月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする