左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説) [Kindle]

  • 52人登録
  • 3.52評価
    • (5)
    • (9)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 鈴木孝博
  • リーブル出版 (2016年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (142ページ)

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【Kindle Unlimited】小説仕立てのリーダーになるためのお話。リーダーになりたい気持ちはないけどこういう本を読むと仕事頑張ろうと思し、違う視点で仕事のこと会社のことを、考えることができましま。

  • 物足りなさが残る作品。
    ただこんな会社で働きたい。

  • 読み放題
    読みやすくはあった。
    社長の最後が変わりすぎだったり、んなことできる?って言うことも多かったけど、こんな上司はついて行きたくないだったり、というのはわかるかな。

  • 何故だか久しぶりのUnlimited対象作品。
    著者の鈴木孝博氏は元CSKの幹部で、後にUCOMの社長と
    なり、同社の建て直しを見事に実行したことで知られる、
    割と高名なビジネスマン。そんな人がビジネス小説を書い
    た。しかも読み放題対象。だったら読んでみよう、という
    ことで取り敢えず。

    まず、全体から感じる「熱さ」に関してはかなり悪くない。
    僕も仕事が楽しい、と思える瞬間というのは、総じて自分
    が「燃えている」時。最近はそういう仕事に殆ど当たって
    いない(^^;)のだけど、気持ちは非常に良く解る。故に共感
    度は非常に高いし、解りやすくて誰でも読めそうな文章は
    ビジネスの心構えの書としては優秀だと思う。だけど・・・。

    「小説」としての構成は・・・ちょっと稚拙な気が(^^;)。
    まぁ、僕がこの手の作品の比較対象としてしまう作家が
    池井戸潤とかだったりするからかもしれないけど、やっぱ
    りストーリー展開の都合が良すぎ、残念ながらリアリティ
    が全く感じられない。舞台として中堅のドレッシングメー
    カーをチョイスしたりするセンスや、そこで開発される
    魅力的な商品などの素材が良いだけに、その部分が本当に
    惜しい気が。

    やっぱり小説ではなくて、「ビジネス書」として読むべき
    かも。それなら少なくとも、ドラッカーの「マネジメント」
    よりは良い気がする。
    ・・・まぁ、あっちが僕には解んないだけ、というのも否定
    しないけど(^^;)。取り敢えずUnlimitedユーザはご一読を。
    もしかしたらハマるかも・・・。

  • 小説の形をとっていますが、ビジネス書として面白く読ませていただきました。物語自体は、よくある話という感じですが、その中の教訓は、自分も心がけないと。
    会社入って、まだ未来がある若い人に読んでほしいですね。年寄りは先が見ていているので、(苦笑)

  • リーダーとしてやるべきことは共感できます。
    現実は、それでもうまくいかなかったり。
    現実に、あからさまに愚かな社長だけでもないだろうし。
    読み物として熱くなったし面白かったです。

  • やばいクソつまんなかった。左遷から始まったと言っても何の障害もなくトントン拍子に進みすぎ。陳腐。この主人公の何が抜きん出てるかもわからないし、何の魅力も無い。カス小説。

  • 小説の形のリーダー論。

    MBAを持っている二人がおバカ過ぎというかMBAなんぞはこんなもんだろう,と思って読むと面白い。

全9件中 1 - 9件を表示

鈴木孝博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする