BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]

  • 53人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (7)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : スティーブン・スピルバーグ 
出演 : マーク・ライランス  ルビー・バーンヒル  ペネロープ・ウィルトン  ジェマイン・クレメント  レベッカ・ホール 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241765017

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 彼(BFG)は楽しい
    彼から流れ出る言葉は分かりやすく
    そして奇妙だけど温かく
    それでいておもしろい

    巨人なのに大きさを感じさせない
    小さな子供達でも恐がらずにこのえいがを見れるだろうね

    ひとりぼっちとひとりぼっちが仲良くなれば
    きっと素晴らしい友達になるって
    そう言ってるみたいな
    優しい優しい絵本映画

    メリッサ・マシスンさんありがとう

  • 映像はきれいなのは当たり前として・・・
    ストーリーが、唐突というかなんだったのかw

  • 想像以上に物足りない映画でした。

  • 観了。

    BFGがソフィーをさらった意味がよくわからなかった。以前同じようにして連れていった子が食べられたのに、同じこと繰り返すってことは自分が寂しいからっていう自己中心的な発想からなのかしら。

    他の巨人を孤島に連れていったのだって人間第一位の考えからか。

    女王の夢とBFGの後押しがあったとは言え、とても浅はか。

    映像は面白かった。
    (170604)

  •  大きく展開が動いたり、激しい巨人たちの撃退劇が繰り広げられるわけではないけれど、主人公とBFGの温かい友情が緩やかに描かれ、映像の緻密さ、特にイギリスの街並みや巨人が街中に出現し、移動するシーンなどとても楽しめた。
     女王に助けを求める展開などには、なんだかイギリスらしさを感じてなかなか笑えた。
     そして巨人と小人、サイズ感の違うことによる面白さを再実感。原作も読んでから、映画の面白さなども再発見したい。

  • パッケージで退屈そうな印象をうけたのだけれど面白かった。
    教育番組でやっていそうな感じかなーと思ったのはまさにそうだった。穏やかな冒険と緩い解決というか。

    巨人の島だったり、夢の光も、巨人用の食器を工夫して用意するのも良かったなー。
    ジャックと豆の木の現代版みたいな感じなのかな。

  • 巨人が人間の国に来たらという思考実験が緻密に映像でなされていて面白かった。それ以外はなにも。

  • 児童文学を元に徹底して子どものためだけにつくられた作品。のわりに巨人がリアル過ぎてファンタジー感が薄いのは不思議だけれど、その他の映像は美しく「夢」の描写のキラキラ感は癒される。

  • 2017/1/29 スピルバーグ ET 以来のファンタジーを感じる作品だった。メリッサ.マシスンに捧ぐ
    って ボーナスコンテンツに入ってた 大好きだった ETの脚本家ですよね。遺作になったようで寂しい限りです.°(ಗдಗ。)°.BFG ビックフレンドリージャイアンの略称だったのね。子供の時にしか見れないような 懐かしい 心温まる映画でした。
    子供の時には感じられただろうファンタジーの世界観が溢れてた。BFGの顔は優しく穏やかで 素敵でした。ビックだって事を隠しながら 街に溶け込む映像は流石で 素敵だった 木や影になって何処かに溶け込んで現れてたら素敵だなぁと夢見てしまった。

  • 時々、ふふっと笑えるギャグチックなファンタジーでした^^

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする