葛城事件 [DVD]

  • 80人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (15)
    • (17)
    • (4)
    • (2)
  • 16レビュー
監督 : 赤堀雅秋 
出演 : 三浦友和  南果歩  新井浩文  若葉竜也  田中麗奈 
  • キングレコード (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003842239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

葛城事件 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冒頭の裁判シーン、誰も騒いでいないのに裁判官が静粛にと連呼する。雑なシーンだなと危惧したが、その雑さが最後まで続いた。

    旧価値観の普通の家族が、狂い、壊れ、死んでいくが、すべて一般化された、ステレオタイプの演出で処理されている。

    三浦さんのクソ親父ぶりはほんとにムカついたので、さすが三浦友和だと改めて思ったが、映画にはなんの力もなかった。

  • レンタル

  • 実際にあった事件を元に作られた話と言う事で期待大で観ました。
    無差別殺人にいたるまでの家庭の様子を描いていますが、どちらかというと犯人よりも犯人の父親がメインな話。
    父親の人格により崩壊していく家庭。
    本人は家庭のために働き、家も建て、昔ながらの日本の典型的な父親として自分は家族を守ってるし、間違っていないと思っているけど、それはただの支配だと言う事に気付いておらず。
    三浦友和の演技がすごすぎてある意味ドキュメントを見てるように淡々と見てしまいました。
    キャスティングは素晴らしかったと思います。
    素晴らしすぎて本当に淡々と嫌な気持ちで見るしかない。
    何一つ共感できず。
    実際の犯罪にこういう家庭背景があるのだとしたら、犠牲者の方々が本当に可哀想すぎる。

  • 崩れていく家族。観ていていい気持ちにはならないけれど、家族について、少し狂ったかたちで考えさせられます。

  • とにかく狂ってるな。
    どいつもこいつも。
    そしてとにかく嫌い。
    どいつもこいつも。
    あの事件を題材にしたらしいが、それはまったく関係ない感じである。
    正直全然関係ないと思った。
    そんなことよりとにかく嫌いなヤツしか出てこないし、まあイラッとする。
    そして割と普通にいるよなあこういう家族。
    もしかしたら自分もこの一員に入るかもしれないなあと思うくらい普通にいる家族。
    たぶんこんな感じで狂っている家族はアチコチにいるだろうと、そこがまたイヤな感じである。
    それにしても役者ってのはよくもまあこんな人間を演じられるものだ。
    感心する。

  • 1つの家族が音を立てて崩れていく様を追った映画。
    壊れる過程や結果は様々だとしても、家庭不和が起こる根源は、会話がなくなってしまう・本音を話すことができなくなってしまうことにあるのだと改めて痛感させられる、重たい映画だった。
    三浦友和、はまるなぁ。

  • 次男は、最終的に何であそこまで追い詰められたのか?? 中間までは、まだ母親と一緒にご飯を食べたりしてたのに、、もう少し 母親が協力てきに仕事探しを手伝うとか、仕事ができないのであれば、家事をやらすとかすれば良いのに。次男は、結局自分は、生きている価値もない 自分には何もできない、いつ死んでもいいとゆう投げやりな人生を過ごしていて、その結果が殺人犯。 幼い時にあんなに可愛いかった子が、なんでこうなる?
    家族環境って本当に大切だと思った。家族環境で人生決まるってゆってもおかしくない。 どんな貧乏でも家族愛がある家庭で育った子供は、絶対ああならないし。

    結局 次男は、人を殺したのも親父の人生をくちゃくちゃにするためだと思う。 お前の子供は、殺人犯で何の取り柄もない糞息子。こうなったのも全部お前ら親のせいだって気持ちでやったんだと思う。 兄ちゃんは、自殺しちゃったけど、あんなどうしようもない次男だけど、兄として、守ってやるべきだったよ。兄ちゃんも頼りならないし母親は、イカれてるし、最悪なメンツが揃った家族。

  • 2017/5/14鑑賞。
    昭和の男を引きずる父親と、その呪縛から逃れられない家族の話。
    義父にそっくりだったな。
    己の価値観のみでは家族は作れない。
    一方通行のコミュニケーションでは家族ってすぐ壊れてしまう。
    この手の人は、最後に何が残るんだろう。

  • 一家離散の話。
    観ていて胸が痛くなるほどの緊張感。
    三浦友和だから演じられた役どころ。
    他の人だとこの重さは出ないのでは?

    共感できる登場人物が誰もいない。
    時間軸が入れ替わるから、
    わかりずらい部分もあるが、
    良く出来ている。

    ラストは、教訓か?

  • 三浦友和がすごい。好きな俳優さんではあるけど狂気役もすきだなー
    これは無差別殺人をした本人というより家族に焦点を当てている割合が多い。
    家庭環境が最初は幸せだったものの父親の思惑とずれていってからのアレなんだろう。家族全部が壊れていて、死刑廃止を訴える女性が獄中結婚したり主要人物全員が壊れている。南果歩もあのイライラする演技が素晴らしい。壊れているといっても壊れていないのがどうなのか分かりませんけれどね。
    なんだろうな。「家族を築いて守る」が男の全てだと思ってたけど壊れてしまった場合はどこに価値を見出せばいいんだろうね。重くて胸糞で見ごたえがありました。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

葛城事件 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

葛城事件 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする