ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス) [Kindle]

  • 33人登録
  • 3.90評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大月悠祐子
  • 白泉社 (2016年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 12話までなので話題の15話はネットから読んで1巻を読み直す。これが何処から仕掛けられていて仕向けられていたのか。まぁ最初からでしょうな。
    "感動の家族の再生ストーリー"がただの張りぼてに変わる瞬間はホラーであり、世界が裏返る様は、あっと言わせるミステリー小説でもある。
    編集からの要望の「あまり酷い話は読者が読みたくありませんから」がこの作品の感想を読むと図らずとも外れていないのとその策として叛旗を翻した15話が凄味を帯びている。
    でも、ここから作者がこの作品で何を伝えるかによってまた大きく作品の評価が一変しそうな難しい舵取りになっていると思う。
    毒親を扱った漫画は増えているが、ただの不幸話の悲劇のヒロインにもなりうるし、読者に受ける毒親を元に葛藤や苦悩を乗り越えて再生し、成長した姿で描けることも出来ると思うが、脚色と真実の按配を作者はどちらの方に取るのか?

    作品の感想ではないが鬼畜系の漫画家はもうあんまり流行らないのだなぁとしみじみと思いました。

  • 衝撃といわれている最新話。
    この巻は12話までだが、ネットで配信されている13話~15話も読む。
    でまあ・・・
    思ったほどの衝撃ではなかったなあ。
    まあそうだろうね。
    美談の裏というか土台というか基礎にはこういうことがある。
    だからこそ美談はより美しくなっちゃうんだよね。
    結局アレだ。
    DV旦那と別れられない嫁と同じだ。
    毒親の精神的支配からはなかなか逃れられない。
    しかしコレは他人がどうこういう話ではないんだよな。
    そこから先に自分の生き方や幸せや仕事を見つけているのなら何も言うことはないのである。

  • 話題の書

全3件中 1 - 3件を表示

ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス)のその他の作品

大月悠祐子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ど根性ガエルの娘 2 (ヤングアニマルコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする