空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 56人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 桑原太矩
  • 講談社 (2016年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (211ページ)

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラピュタとナウシカっぽさはあるが嫌いではない。龍(おろち)のデザインが個人的には好きにはなれないがそれはそれとしてだ。主人公のミカは龍を食べることに執着していて、見習いのタキタはそんなミカに巻き込まれつつ龍獲りとして成長していく冒険譚めいたストーリーかな。「龍はただ一方的に狩られるような相手じゃない。殺す覚悟の無いヤツは死ぬぞ」命を頂戴するというのは楽な稼業ではなく、獲る以上は美味しく食べましょうというミカの考え方は嫌いじゃ無い。「雲に還りてまた良き風招せ」感謝と祈り。こういう世界観は悪く無い。

  • ラピュタを彷彿とさせる絵のタッチ。
    グルメものに分類されるのか。今の所は話の深みがまだわからない。絵だけで読んでいる感じ。

  • クジラを追う漁師のような話だなーというのが第一印象。ドラゴンを追う空挺乗りは海賊のようだし、世界観や信仰のようなものも含めて、クジラ漁をしていた頃の日本はこんな感じだったのかも。。。そこに少しのファンタジー要素をプラスしている。絵が綺麗で世界観をよく表しているからかスルスル読めて楽しい。

  • いろんなドラゴンが出て来る。その料理も。アイデアとしては面白いがそんなに面白いとは思わない。

  • 宮崎駿のナウシカ風カバーが気になり購入。面白い。このままアニメになりそう。ダンジョン飯ならぬ龍(おろち)飯。主人公の名前がミカ!オッさんだけど龍を見る目がキラッキラ。捕らえたら美味しく食すレシピ付き。ヴァナベルさんが美人だ。タキタの立ち位置は?

全5件中 1 - 5件を表示

桑原太矩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする