進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 134人登録
  • 4.00評価
    • (13)
    • (16)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ※ネタバレ
    ※次巻読むときにストーリー忘れない為の覚え書きです














    18~21覚え書き
    マルコはライナー&ベルトルトの正体をうっかり聞いて色々気付いてしまった為、彼らに殺された
    巨人組も同期への情はあった模様
    ベルトルト死亡
    瀕死のライナーは獣の巨人が連れ去る
    獣の巨人=名前はジーク=ライナーたちの「戦士長」=グリシャの息子(エレンとは母親が違う)
    エルヴィン死亡
    アルミンは「巨人になる薬」でベルトルトの巨人の力を得て生還
    エレンの家の地下室へ
    ・グリシャは壁外から来た。壁外に人類がいる
    ・グリシャは巨人の力を持つ、ユミルの民(=エルディア人)の末裔
    ・エルディア人はマーレ政府に弾圧され、グリシャは反体制組織の一員
    ・ジークは幼い頃に「マーレの戦士」になり、両親のことを政府に密告

    21巻ラストのモノローグ
    「我々エルディア復権派は全員『楽園』に送られた。パラディ島を永遠に彷徨う 人喰い巨人となるべくして」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    エルヴィン死亡、アルミン復活は事前にうっかり知ってしまったので、あんまりドキドキできなくて大変に残念……
    どっちを生かすか、っていう場面、もっと心臓ヒリヒリさせながら読みたかった……
    めっちゃ取り乱すミカサが良かったです。幼なじみトリオ好き。
    アルミン死ななくて良かったけどエルヴィンが悲しすぎる……!!
    いやーますます壮絶で、続きが楽しみです。
    あと3冊も一気に読んでしまうと、どんどん主要キャラが死んでしまって頭が追いつかないわ……!

  • 佳境に入ってきた。
    次が楽しみ

  • ああ、謎が解けてしまったなぁ、のマイナスいち。

  • 物語の背景の解明も進み、初期のとにかく不気味な世界の香りが薄まってきたきらいはあるが、これだけ大掛かりでかなり緻密な設定を用意し、破綻することなくこの巻数まで描いてきたこと自体驚異的。こういう新しい種類の才能がまだまだ登場する日本マンガ界は凄いなと。

  • 故郷を目指して辛い戦いをしてきたベルトルトの旅路もここで終わり
    吹っ切れたように「お前らみんな死ね」といった彼は死を前にしてその相手に助けを求めた
    動転していたとはいえ、やはり訓練生時代の仲間を仲間と思う気持ちは事実だったのか
    それとも都合よく口からとっさに出た言葉なのか
    アニに会えなかったことだけが気の毒だが、実のところ自業自得だが、彼らの事情はいつ明かされるのだろう
    そしてユミルの手紙と

    それはそうとアルミンは超大型巨人になるのか?
    それとも体を蒸発させる特技だけを得るのか?
    そうだとしたら燃料の少ないサイズの巨人は対して得じゃないように思えるな

  • 今までの謎が一気に解けた巻でした。一気に読み切りました。

全6件中 1 - 6件を表示

諫山創の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

進撃の巨人(21) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする