日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディション

  • 136人登録
  • 3.39評価
    • (5)
    • (32)
    • (19)
    • (13)
    • (1)
  • 24レビュー
監督 : 白石和彌 
出演 : 綾野剛  YOUNG DAIS  植野行雄  矢吹春奈  瀧内公美 
  • ポニーキャニオン (2017年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013160897

日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずっとハイペースでだれない、テンポのあるいい映画だった。綾野剛はどんどんいい俳優になってくな。TKOの木下だけ、映画とテンションがずれてて、ミスキャストだった。

  • 原作未読。テンポが遅かったり説明しまくりの映画が多い中、リズムよく進むので飽きずに観られる。俳優陣がとても良く、とくに太郎役のミュージシャンYOUNG DAISの妙な雰囲気が素晴らしかった。なかなかいないキャラなのでもっと俳優やって欲しいな。たけしさんとか、園さんとかでハマリそう。

  • エロも暴力もほどよく、楽しめた。2時間半もあるとは思えないほど、あっという間

  • 綾野さんウィークをつくって観た一本。
    ちょっとかわいい奴というか、子分的なポジションの演技が好きです。
    極悪というのは、あまりお似合いにならない気がするのでこのくらいがよいと思います。

    異国感があるテーマソングが結構気に入ってます。

  • 綾野剛の存在感。こんな警官 許せんだろ。
    「銃」を取り締まる 警官が 銃の取引を。
    「覚せい剤」を取り締まる 警官が 売人に。
    そして、自らも 使用者に。
    それに至る過程が 克明に 描かれる。
    映画の物語より、事実のほうが 断然おもしろい。
    北海道は ロシアに近いと言うのが 有利なんだね。
    とにかく、覚せい剤を見逃して 銃器の取引をつかまえる
    と言うことを、警察幹部に 判断させる。
    まったく、違うだろう。両方ともダメでしょ。
    綾野剛の代表作になるでしょうね。

  • 実話に基づいたフィクション、役者も良かったし面白かった。最期のところは警察組織の闇を感じる

  • 綾野剛の演技は素晴らしい!実話を元にとの事で、ご本人のインタビュー記事も読みました。警察怖いよ。

  • 主演の綾野剛の演技が良かった。
    上下関係をしっかり意識して強い正義感を持った若手警官が、
    段々と腐敗していき、やがては麻薬中毒のチンピラ初老刑事に堕ちていく役を、
    よく演じきった。

    惜しむらくはラストシーン。
    初老のチンピラ刑事が逮捕の瞬間、初老とは思えない瞬発力で机に飛び乗るシーン。
    飛び乗った刹那、膝を付いてよろめいて欲しかった。
    足を引き摺りながらそれでも必死に逃げようとして捕まって欲しかった。
    敢えてベタが欲しかった。
    勝新ならやったと思う。
    ベタこそ観者は感動するのだ。
    綾野剛の若さが出た気がする。

    原作が実話ということだが、事実は小説より奇なり、といおうか。
    このような堕落は映画の主人公に限った話ではないと思われ、
    映画や漫画の世界の出来事が現実で起きていたことにショックを覚える。

  • 諸星の翻弄されるサマが怖い。本当に彼は悪い奴だったのか?
    ちょっと想像力が欠如した、熱血漢だったということだ。

  • 話の舞台が古いので、
    古いタイプの映画のよう。
    目を逸らしたくなるシーンも多いが、
    コミカルに演出しているシーンも多く、
    バランスが取れている。

    実話が元だから、満足いく結末にならないが、
    この先どうなるんだろう?のワクワク感あり。

    最近の邦画では、珍しいタイプだが、
    見終わった感想としては、まあまあかな?

全24件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

日本で一番悪い奴ら DVDスタンダード・エディションを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする