ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF) [Kindle]

  • 24人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 中原 尚哉 
  • 早川書房 (2016年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (168ページ)

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

  • 全く期待してなかったけど、普通に面白かった。第二次大戦で日本が勝利しアメリカを占領している歴史改変SF。ディック「高い城の男」に設定は似ているが、私にはこちらの方がよりリアルで、主人公たちにのめり込めた。ゲームやオタク文化についてはちんぷんかんぷんだし、過剰に残酷でグロテスクなのは無意味に思える。だけど物語の構成はよく練られていて退屈させないし、何よりこれを書きたいという作者のエネルギーが充ちていて迫力がある。私の周囲には評判悪かったけど、忘れられない物語だと思う。

  • 主人公たち、なかなか良いコンビだと思ったのだが・・・。

    なかなか過酷な展開であった。

  • 「高い城の男」も「パシフィック・リム」も名前しか知らない身からすると、イメージとしてはやはり「ブレードランナー」。まぁ電卓バレーとか相当意識してるよね。
    冒頭の日本軍が収容所を解放するシーン、狂信的日本兵の振る舞いに「アメリカで日本人がこんなことするわけない」みたいな不快感を感じた自分にびっくり。そんな愛国者じゃないつもりだけど。
    映画化とかするなら、メカのシーンがもっとほしくなるのかなぁ。小説として読むならこれで十分やけど。

  • ドS特高の昭子最高!
    リドリー・スコットが巨大ロボットをどう描くか見てみたいです。

    帝国日本が軍国主義のまま統治してもユナイテッドでありえるのか?突っ込み小ネタは満載。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)はこんな電子書籍です

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)の文庫

ツイートする