ミュージアム [DVD]

  • 181人登録
  • 3.20評価
    • (6)
    • (23)
    • (41)
    • (10)
    • (4)
  • 44レビュー
監督 : 大友啓史 
出演 : 小栗旬  尾野真千子  野村周平  丸山智己  田畑智子 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967319354

ミュージアム [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作を読んでいないけど楽しめました。妻夫木さんは今までにない役だと思いますが良かったです。最後がなるほど、となりますね…。

  • 演技は安定の役者陣だし、
    物語の展開も悪くはないし、
    アートワークもそこそこなのに、
    どうにもフィンチャー風で、
    総合的に陳腐であった。

    この手の作品を日本で制作する場合、
    どうしたら成功するのだろうか。

  • 妻夫木の怪演。良かったと思う。

  • 201712
    ツッコミどころはちょこちょこあった気がするけど
    全体的にはそこそこ楽しめた

  • 邦画にしてはグロイ描写が多いサスペンス。観る人を選ぶかも。
    カエル男を演じた妻夫木の演技は圧巻。

  • 雨の日に現れるカエル男!

    その犯罪が芸術だとわ…

    年を追うごとに、残酷なシーンが凝視できなくなってきた。

  • さながらアメリカ映画のように猟奇的なサスペンスの邦画。
    日本映画にしては珍しくグロ系が好きな人は楽しめる。個人的に好きなのは均等の愛の刑。かつて読んでいた多重人格探偵サイコに似ているからかなあ。あとはクリミナルマインドを見ている人からすればぱっとしない殺害方法だ。
    快楽殺人犯を追う刑事もので、カエル男の挙動やその犠牲者の惨状はさながらホラーのように気味が悪い。妻子を狙われた主役の沢村が、だんだんと焦りと恐怖から狂気じみた執念で追いすがっていくさまはラストにかけて拍車をかける。
    カエル男の生業も謎であり、なぜ快楽殺人に走ることになったのか、動機や契機も不明。だが、死刑を宣告した陪審員を殺害していく動機が死刑囚に対する単なる復讐ではなく「自分の作品を偽物に語られた怒り」というのは快楽殺人犯らしく納得した。

  • 2017.11.14
    『あなたは最悪のラストを期待する』

    公開時コピーに惹かれたのを観終わってから思い出した。
    確かに、終盤、最悪のラストを想像していた。
    観終わって、どこにも全く救いがないって感じた。

  • 芸術性の高い美食家的な殺人鬼にはとてもロマンを感じる。何よりカエル男の中の人に驚きを隠せないし、あんなにアクションも演技も上手いのかと驚いた。顔が格好いいだけの役者ではない。非現実的なようで、現実に起こり得るという恐怖にとてもどきどきした

全44件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ミュージアム [DVD]を本棚に登録しているひと

ミュージアム [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ミュージアム [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ミュージアム [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする