マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • ダイヤモンド社 (2017年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (348ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
ロバート キヨサ...
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているの感想・レビュー・書評

  • 【近未来のビジネス】

    A世界は今、破壊的な力を持つ、次の4 つのトレンドにより、劇的な変化を遂げつつある。
    ①異次元の都市化のパワー
    世界経済の重心が、欧米から中国などの新興国市場に移動した。そうした国々の農村から都市への人口移動により、驚くべき成長の加速が起こっている。
    ⇒新興国での都市化の潮流は、新たな消費者や機会を生む。よって、経営者は考え方を根本的に変える必要がある。
    ②加速する技術進化のスピード
    技術革新や普及のスピードが速くなった。開始から数年
    で、何億人もの人に使われるサービスも誕生している。
    ⇒企業は、今日の技術変化の潮流を乗り切るために、社員がスキルを最先端のレベルに保てるような体制を築き、従来の戦略企画プロセスを見直す必要がある。
    ③年齢を重ねる意味が変わる
    先進工業国を中心に、出生率の低下や高齢化が進み、人類の平均年齢が上昇してきている。
    ⇒企業は、労働者数の減少に伴い、年配社員のつなぎ止め策を講じる必要がある。また、市場で大きな割合を占める高齢消費者のニーズを満たさねばならない。
    ④相互に強く結び付く世界
    グローバル化がさらに加速している。すなわち、貿易や資本、人々、情報の移動が世界各地で増加している。
    ⇒企業がグローバルな相互結合の流れを活用するには、自社のポジショニングを賢明に行うこと、国境を越えたエコシステムの構築などが重要である。

    B.2013 年の世界経済活動の規模、1 兆8000 億ドルのうち、中国だけで1 兆ドル ―― 60%を占める。今や中国こそが、世界最大の製造工業国だ。そしてインド、インドネシア、ブラジルなどの新興諸国が、世界の主要な製造工業国となっている。

    C.歴史を振り返ると、いつの時代も人々が農業を捨てて都市に移動し職に就くと、そうした人々が生み出す国内総生産は倍増した。豊富な人材が企業を引き付ける。都市に集まる企業が増えると、そうした企業と取引をしようという企業の転入が増え、さらには大学や各種サー ビスを提供する企業も都市に集まる。

    D.技術の理解は、今やどの経営者にも求められるコアスキルである。だが、プログラム言語を知る必要も、3 -D プリンタを操作できるようになる必要もない。それよりもはるかに重要なことは、顧客の中でも最も技術をよく知る顧客が何をしているのかに的を絞り、その一点に集中する能力だ。

    E.、従来の戦略企画プロセスも見直す必要がある。具体的には、様々なトレンド情報を監視し、今後起こりうる変化の様々なシナリオを考え、対応策を立てておくこと、そしてどこから競合が出現し、どこにリスクがあるのかに関して、古い仮説はバッサリと捨て去ることである。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているを本棚に登録しているひと

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているの単行本(ソフトカバー)

ツイートする