UXの時代 ― IoTとシェアリングは産業をどう変えるのか [Kindle]

  • 25人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松島聡
  • 英治出版 (2016年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

UXの時代 ― IoTとシェアリングは産業をどう変えるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本とアメリカのソフトウェア投資額を比べると、自社開発・パッケージ・外注の3種類に満遍なく投資しているアメリカに対して、日本は極端に外注に偏っている。これは、アメリカ企業が事業そのものを変革するためにITを使っているのに対して、日本企業は既存事業を効率化するためにしかITを使っていないことを意味する。

    「UXとは手段ではなく目的である」

    「規制とぶつかるより、旧制度が規定していない領域を開拓する」

    UberやAirbnbについて「治安が悪い地域で知らない人を車に乗せたり家にあげたりするのは危険では?」と感じるのは治安の良い日本の発想。両サービスはサンフランシスコの人口密集地域(治安悪い)から生まれているがこれは偶然ではない。治安が悪いからこそ、評価制度によって信頼関係を成立させるコミュニティーサービスが価値を持つ。

    日本企業には縦割りの古い体制が蔓延しているが、日本人は民族的に水平連携のシステムやカルチャー(禅や武士道の無私の精神、古くから農村共同体に受け継がれてきた協働の風習)を持っており、それが地下水脈のように眠っている。

  • 超飛ばし読み。細かい事例はあるが大意は特筆すべきことはなかったような。

  • 「ユーザーにとってモノは手段であって目的ではない。」

    モノは所有するためにあるのではない。
    資格やスキルはビジネスの一部の業務で機能。

  • 【新しいビジネスの流れに乗ろう】
    難しいテクノロジー単語をおさらいしたい人にもオススメです。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

UXの時代 ― IoTとシェアリングは産業をどう変えるのかはこんな電子書籍です

UXの時代 ― IoTとシェアリングは産業をどう変えるのかの単行本

ツイートする