世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 120人登録
  • 3.80評価
    • (11)
    • (27)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 29レビュー
監督 : テア・シャーロック 
出演 : エミリア・クラーク  サム・クラフリン  ジャネット・マクティア  チャールズ・ダンス  スティーヴン・ピーコック 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967312423

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立場の違う二人のハートフルラブストーリーだと思って観ていたら、、、生きるとは、死ぬとは何か、、その先にある残された人々の人生も含め、「死生観」について
    考えさせられる映画だった。

    バイク事故で車椅子生活となったウィル。以前は運動神経抜群で仕事もプライベートも順風満帆だったが、事故後は、毎朝直面する現実に生きる意味を見出せなくなりある決断をしていた。そんなウィルの自宅にお世話係として採用されたルー。家族の生活のために必死で、好奇心旺盛なルーの姿に心を動かされ、次第に距離が縮まっていく二人。
    しかし、ウィルの決意は最後まで変わらず、、。

    ウィルやウィルの両親、そしてルーが自分と相手の気持ちとの狭間で葛藤する姿に心をうたれました。相手の事を思いやっているつもりでも、みんな結局は自分の気持ちを優先して行動している。最期の決断はウィルの希望を周りが受け入れ、尊重した結果なのだと思う。当事者のことを「分かったつもり」にならないように心がけようと思う。

  • 「君を見るたび、可能性を感じる。視野を広げなきゃ。一度の人生をフルに活用すべきだ」

  •  失業した女性が雇われたのは半身不随となった金持ちの男性の世話。二人は惹かれ合うが、男性は自らの命を絶つことを決めていたという秘密があった。

     最初はどんな話なのか見えないが、じょじょに話が見えていく。
     どう見ても彼は自殺する必要はなく、幸せすら手に入れようとしてるかのように見えるのだが、それでも死を選択するという部分にストーリー的な重みがある。見終わって心をどこに置いていいか分からなくなる。それがこの映画の意味なのだと思う。

  • 邦題の付け方以外は良く出来た作品でした

  • よくある感動のラブストーリーかなあと思ってたら、そうはならなかった…。そこが新鮮でした。
    ウィルは言うことをきかない身体、苦痛に絶望し(絶望なんて二文字で表現できるものではないだろうけど)、生きる時間を自ら決める。そこに現れた天真爛漫なルー。彼女の存在が、彼の決心を揺るがす…のだろうと思ってたけど、決心は揺るがない。
    見送る彼女、見送られる彼の想いを想像し、切なく苦しくて涙。愛する人に、だいすきな人に、どんな姿でもいいから、生きていてほしいと望むことは、当たり前の感情だと思うのだけど、その姿のまま苦しむのは彼であり、周りの人のそんな願望は、身勝手なのかもしれない…でも…とぐるぐる考えさせられました。

  • それでも選ぶもの、選ばざるを得ないもの。
    そこをもっと見たかった。

  • はいはい「最強の2人」と二番煎じねー、「愛の選択」なんて映画も昔あったなー、なんて思いながらみてたら、最後が重い展開になってどよーん。病気や障害で厭世的になっていた男が愛のおかげで生きる希望を見出す、なんてお気楽な話ではなかったです。

    では、周囲の愛や励ましがあっても克服できない深い暗闇を持った男の話なのかというと、それも違う。、ある出逢いによって希望を見出したのは「彼」ではなく「彼女」なのです。だからこの映画は「彼女」の物語なのであって、主役はあくまでエミリア・クラーク演じるルイーザなのです。この反転した構図は斬新だったと思います。

    それにしてもエミリア・クラーク。「ターミネーター」の5作目(←見事な失敗作)ではめちゃくちゃ可愛いと思ったんですけど、こんなブサイクだったっけ? 多分わざとブス顔を演じてるんだろうけど・・・。それだけが残念。

  • 笑顔が似合うキュートな主人公のルーが事故で全身不随になった資産家で超イケメンのウィルの話し相手として採用される。

    明るくて、正直で嘘がつけないルーに、皆んなに心を閉ざしていたはずのパトリックも徐々に笑顔になっていく・・・
    といった流れから「最強のふたり」のイギリスの恋愛版?と予測したのもつかの間。
    物語は思い描いていた想像とは違う方向に向かっていることに気がつく。

    そしてラストまで観て感じたのはこれってラブストーリーなの?って疑問。
    この内容、というか結末を持ってしてこのBlu-rayのパッケージと、この題名はちょっと頂けない。

    勿論、賛否両論あるかとは思うけど個人的にはやはりどうも納得いかない結末。
    原作が人気とのことなので、きっとヨーロッパ的の考えとはちょっと違うのかもしれない。
    そしてこれも文化的違いなのか、ウィルの行く末をルーに委ねてただ見てるだけの両親にも少し疑問。

    勿論ウィルのように、何もかも手に入れている完璧だった男が、身体が何も動かなくなるなんて天国から地獄に突き落とされるような気持ちだとは思うけど、なんか無性にムズムズする。
    これって伝えたいことってなに?映画にする意味あったのかな?というのが見終わった後の第一印象でした。

    とはいっても、ラストギリギリまでは全然駄作には見えないのが評価のつけづらい所。
    だって、主人公ルーを演じた、エミリア クラークがちょっともさい感じなのに、見たことないような奇抜なファッションと、コロコロ変わる魅力的な表情を見てるだけで飽きなくて、超イケメンのウィルがだんだん惹かれていく気持ちがよーくわかるから。

    家族全員の生活費を支えなきゃいけないルーが、いくつかのお城を持っているような、嘘みたいに大金持ちのウィルの生活に入り込んで、大人っぽいドレスを着たりバカンスに行くシーンなんかはシンデレラみたいでワクワクした。

    ラストに向かっては結構泣けるんだけど、やはり上記のことでずっとムズムズし続けている。
    この作品は、きっと答えなんかないんだけど、ただウィルと同じ境遇の人には見て欲しくないかなというのが感想でした。

  • 全体的にはよくある展開。
    でも切り取り方が上手で新鮮に感じました。

    感動する話ではありませんが、良作です◎

  • 字幕: 藤澤睦美

    ハリウッド的ハッピーエンドにならないところが、イギリス(というかヨーロッパというか)らしくて、むしろホッとする。

    それにしても、エミリア・クラークの眉毛はよく動く。

全29件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

世界一キライなあなたに ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする