白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 25人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2017年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (226ページ)

白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 盛り上がりの第10巻。ここでひと区切りついたところで次はどういう展開になるのだろう。

  • 白クロも終盤に近づいてきた。はやくスッキリしてほしい気持ちもあるし、ここからもう一踏ん張りしてほしいようななんとも複雑な思い。は、さておき。羊殺し。の正体が意外とさくりと暴露。ここまで長かったけど。竹之内さんは気がついていたのかな。うーん。「そ…そんなこと言わないで、何か事情があったんですよ。きっと…」伏木のことをお人好し。とは、思わないが。オキナガと人の間には理解しがたい時間が流れているのかもしれない。「血分けして成り上がらせて、拾っておいてー気に食わなければ捨てるなんて。最低じゃありませんか。」怒りはわかるが…。

  • いよいよ最終回!
    かと思ったらまだであった。
    ギリギリではあったが茜丸を捕まえて、羊殺し事件は解決・・・
    なのか?
    いや、どうにも終わりな感じがしない。
    なんというかまだ安心できない感じがする。
    どうにもスッキリしていないことがいくつかある。
    あやしげな神父も、映画プロデューサーの言った「われわれ」もまだ解決していない。
    羊殺しを捕まえてこれで終わりという作品ではないのか。
    むしろ羊殺しはもっと大きな事件の一部でしかないのか。
    次巻あたりで終わりなのか、それともまだもう少し続くのか。
    はたして。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする