NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 朝日新聞出版 (2016年12月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910210170171

NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)の感想・レビュー・書評

  • ネットでは売り切れ、本屋では普通に買える。
    フェリシモ猫部より記事として面白く読み応えがある。

  • とうとうニャエラ…もといアエラまでこんな猫ブームに乗っかった。ことになりやがって……とか嘲笑ってたのに、気が付いたら購入してたし読んでました。

    猫だから仕方がない!!

    さて内容は船長や駅長を務める猫、猫が語るロシアとの北方領土問題、ペットの寿命を延ばす最先端医療研究、震災被災地の猫の保護活動、猫ブームの果てに起こることが予想される飼い主たる人間の高齢化、飼い主を亡くす猫の行方への懸念。猫飼い作家のエッセイ。いつものアエラのふりして猫尽くし。ふざけんな。最高だよ。

    名言も多い。
    「猫は生まれながらの哲学者」(p32 世界は猫がまわしてる)
    「自由とは、家の外にあるのではなく、心の中にあるのだとオクは知っていたのだ」(p55 現代のニャン像)

    過去のAERAに掲載された記事が採録されていたり、保護猫に言及した記事の後ろに、芸能人のペットショップで購入した猫の溺愛インタヴューがあったり、いろいろ中途半端なのは朝日新聞系列だから仕方ないよね。

全2件中 1 - 2件を表示

NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)はこんな雑誌です

ツイートする