累(10) (イブニングコミックス) [Kindle]

  • 29人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松浦だるま
  • 講談社 (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松浦 だるま
松浦 だるま
松浦 だるま
松浦 だるま
松浦 だるま
有効な右矢印 無効な右矢印

累(10) (イブニングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • それぞれの主人公の気持ちが揺らいですれ違って行くのがとても悲しいけれど、とても人間らしい。
    ここまで人間の醜いとされる感情たちを尊く愛おしく描いた漫画があったのだろうか、と思わせてくれる。

  • レンタルにて
    早く続きが気になります。
    母の死について知り、再開もありこのあとどうなるの?

  • 謎だった淵透世の成り立ちが明かされ始めた10巻。女というのはこんなにも愚かでどうしようもない生き物か。と、思う反面。累を手放さないいざなの覚悟はいかばかりか。と、思ってもみたり。「美しい顔と私がいなければ、醜いお前たちは到底、生きる価値すらない!!」演出家の海道は大概イかれてるなーと頭の片隅で思ってみたり。「お前は王者だ。王というのは孤独なものさ。そのかわり、他のすべてを手に入れることができる」羽生田も真っ当なフリして大概か。と再確認したり。新たな舞台がはじまり、過去との対面アゲイン。「それまでの自分のすべてを否定する必要も無いと思うがね」富士原の言葉がどう累に影響するのか。さてはて。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

累(10) (イブニングコミックス)はこんな電子書籍です

累(10) (イブニングコミックス)のコミック

ツイートする