RPA革命の衝撃 [Kindle]

  • 23人登録
  • 3.58評価
    • (1)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 大角暢之
制作 : 佐々木 俊尚 
  • 東洋経済新報社 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (145ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・P・...
又吉 直樹
デール カーネギ...
スティーブン デ...
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

RPA革命の衝撃の感想・レビュー・書評

  • RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション:Robotic Process Automation)に関して書かれた一冊。概念と呼び名に関しては随分前(10年くらい前?)からあるようだけど実用できそうなフェーズに入ってきたのかなと。
    とは言え、今できる事はいくつかのシステムをまたぐ転記作業をちょっと気を利かせてやってくれるくらいのもの。
    ここからどこまで進化するのか。LAIもある種RPAの一つなんだなと再認識。

  • 既にRPAを導入している企業は多くあり、多くの仕事がRPAに取って代わられている。そんな中、自分は何をすべきか考えさせられる。人間にできること、人間がすべきこととはなにか。今後の解題だ。

  • 話題のRPA。概要が把握できて参考になった。最後にRPA+AIで労働環境や社会が激変する!と危機感を煽りすぎるのは日本のAI本の悪い癖。ツールベンダーの社長が書いているので、ツール+コンサル+BPOを売りたいというポジショントークはかなりあるなという印象。

  • かなり衝撃というか刺激を受けた。大学におけるIRのレポート作成・資料収集も代替えできそうだし、高等教育研究の不遇なデータ整備環境も克服できそう。早速関連各社にアプローチしたい。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

RPA革命の衝撃はこんな電子書籍です

RPA革命の衝撃の単行本

ツイートする