生産性 [Kindle]

  • 132人登録
  • 4.14評価
    • (10)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 伊賀泰代
  • ダイヤモンド社 (2016年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (236ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
ジェームス W....
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

生産性の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生産性とはなんぞやということについて、元マッキンゼーの人が書いた本。マッキンゼーらしく、非常に考え抜かれた生産性についての考え方は勉強になった。

  • 生産性、今年産休に入る私には特に課題感のあるテーマだった。だが、私の抱いていたイメージは、生産性=作業効率のアップしかなく、今ある作業をどれだけ早く出来るようになるか?という視点だった。この本を読み、より付加価値の高い仕事を生み出すこと、インプルーブメントではなくイノベーションの視点が抜けていたことに気付かされた。
    その他、
    派遣社員を雇うと優先度の低い業務がなくならない、
    意思決定には情報ではなくロジックが足りない、
    人材育成は具体的にロールプレイで管理職にも、
    といった点も大変参考になった。

  • ①不満に対し、3%の改善と、3割の改革を施す。

    ②作業時間を図り、ブランク資料を作ってから本番を作る。

    ③成長とは生産性があがること。詳細な技術習熟度のフィードバックがモチベを上げる。

  • 生産性が向上することで、残業が減り、収入もあがる。ストップウオッチを買おう。

  • ただ闇雲に数と量をこなし、時間で解決することに慣れてはいけない。
    全てにおいて生産性という概念を用いるべきだと感じた。

  • 生産性とは
    改善によるコストを下げることだという一面的な見方が主流を占めたのは日本では工場現場で主に使われたから。コストを下げるのではなくイノベーションによる付加価値アップも同様の生産性向上である。生産性の計算においてコスト積み上げの価格設定ではなく、顧客が評価する価値が成果価値であることから自明。

    イノベーション
    非技術分野は問題解決が明確でイノベーションが起きるのに対し、技術分野はそれ自体が画期的な発見でどう使われるかはわからないので、イノベーションに対する意味合いを区別する必要がある

    仕事できるとは
    本当の意味で仕事ができる人とは少ないインプットで生産性の高い仕事のやり方を考案し、その仕事が他の人にも可能になるように言語化し、移植し、自分自身はどんどん違う仕事にチャレンジしていく人のこと

    生産性向上のやり方
    インプルーブメントによって3%の削減を達成すべき、イノベーションによって3割の削減わ達成すべき

    マネージャーの仕事
    マネージャーの仕事とは、トレードオフが存在する状況において判断を下すこと

    会議について
    会議の5種類の目標
    1.決断
    2.洗い出し(リスト作り)
    3.情報共有
    4.合意、説得し納得してもらう
    5.段取りや役割分担などネクストステップを決める

    会議で決めるべきことが決まらない理由
    1.意思決定者不在
    2.意思決定ロジック不明確
    3.データや資料の不足
    4.会議の主催者が「決める」ことにリーダーシップを発揮しなかった
    2を3のせいにすることが多い。そこを見誤るとどれだけデータを増やしても決まらない。
    意思決定が必要なタイミングで「場合による」と答える人には、「どういう場合ならイエスの判断になるか」のロジックを明確化させる。
    会議資料は読み上げる時間が無駄

  • 生産効率を高める。すべてはコレに集約する。
    的な本。
    最初の部分がスゴク良い。
    中ほどの採用あたりから平凡な感じになる。
    生産性は常に意識しないといけないと再確認。

  • いまの私(我々)にドンピシャの本ですわー。
    職場と生活の環境がガラッと変わったこの数ヶ月だったけど、非常にいいタイミングでこの本に出会えました。
    今週の会議に向けてさっそく実践してしてみたいことが見つかったので、やってみようと思います。

    本の内容とは関係ないけど防備のために。

    ちょっと最近腑に落ちないことがあって怒ってたんだけど、この本を読んで自分が悪いと思うに至りました。僕はこういうプロセスを人に見せてしまうところが甘いんだよな…。

  • 『生産性=アウトプット/インプット』は今年から積極的に使っていこうと思う。

  • 採用基準ほどの面白さはなし、ただ仕事を見直すきっかけにはなる。マックの仕事の本質的な部分をわかってる人の考え方が分かるのが良い。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

生産性を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生産性を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生産性を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする