ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング [Kindle]

  • 28人登録
  • 4.36評価
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 講談社 (2016年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (115ページ)

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングの感想・レビュー・書評

  • ラグビー日本代表の監督をされていた著者が、あの有名な日本代表の成長の物語について語られています。組織をどうやって強くするのか、実践で培った言葉には非常に重たいものを感じました。選手になにを伝えなければならないのか、そのためにどのような工夫が必要なのか。選手のどこを見て、どのように接するべきなのか。そして選手に自発的に考えさせるためにどのようにするのか。ビジネスの組織としても、使えるし必要なエッセンスが多数分かり易くつまっています。組織と自信の成長のために何をしなければならないかと、その方法について書かれています。

  • エディさんはビジネスマンだな完全に。
    さらにあとがきは持田さん、、、

  • ラグビーW杯で南アフリカから歴史的勝利を挙げ、その後3勝を挙げるなどの実績を残したエディーさん。
    これまで日の目をあまり見てこなかったラグビーを一躍ホットにした立役者が語るチーム作りやマインドセットの話はとても参考になる。

    日本人の血も半分入っているということで、海外の基準をもちながら、日本の愛国心も持ってた戦った指揮官の話は示唆に富んだ。

    ハードワークにおけるマインドだったり、日本人の先入観を打破する観点だったり、ハッと思わせられるところが多くある。

    サッカーだとオシムさんがもっと老練な形で論を展開するが、ラグビーにおいてはエディさんがオシムさん的な位置付けになるのだろう。
    いい本。

    ▪️目次
    はじめに――マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる
    第一章 日本人独自のやり方で勝つ
    目標は不可能そうなほど大きなものがよい/スケジュールを固定するな/短所は長所にもなりえる/「完璧」にとらわれすぎる日本人 他
    第二章 どう戦略を立てるか
    「繰り返し」の効果/言葉を現実にする方法/部下を公平に扱うことの大事さ/目先の勝敗は気にしなくてよい/リスクを負わないと、進歩はない/明確なビジョンを持つ 他
    第三章 何が勝敗を分けるか
    戦いに興奮はいらない/国歌を歌えないチームが弱い理由/コーチはセールスマンに似ている/「やってみなはれ」の素晴らしさ/状況判断が苦手な日本人/成功の後に、落とし穴がある 他
    第四章 成功は準備がすべて
    教わる立場で考える/怒る時は必ず演技で/感情で人を評価するな/勇気とは慣れた自分を捨てること/自分を追い込むための訓練/言い訳が成功を阻んでいる/決断するから進歩が生まれる/明日のために準備せよ 他
    あとがき――部下がリーダーを超える時

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングを本棚に登録しているひと

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングを本棚に「積読」で登録しているひと

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティングの単行本(ソフトカバー)

ツイートする