乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

  • 111人登録
  • 4.42評価
    • (20)
    • (14)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 森薫
  • KADOKAWA / エンターブレイン (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (231ページ)

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙から明らかなように,主にパリヤさんとウマルさんの恋の進展物語。冒頭に動物たちとの関わりを描いた「いきものがたり」という番外編。途中でアゼル一行のその後のことなど挟まるが,誰がどこでどうなったところだったのか時間が空きすぎていてそろろそ最初から読み直さないといけない段階という気がした。

  • 結婚を夢見るパリアとウマルの微笑ましく、ほのぼのとした日常の中で、絆は着実に育まれましたね。何気ない日々の暮らしから、いきいきした人物の造形を見せる森薫さんの手並みはお見事です。そして、遊牧民の文化の掘り下げて紹介してくれます。一年待った期待を上回る仕上がり。このテイストが好きですね。とても楽しく、笑顔で読みきりました。

  • 添い遂げる幸せとはなんだろうなと思ったときにパリヤとウマルとの間に流れる時間を眺めているとこういうことなんだろうなぁとしみじみと。
    恋愛ものとして甘さを加味しつつも、嫁ぐことの意義、パートナーとして一緒に生きていき、共に支え合っていく生活が根底にあり、そのための自立、成長がパリヤ編ではパリヤの不器用さも相まって物語に落とし込められ、丹念になぞられている。
    特に劇的な恋愛が行われてる訳でもなく、好きだとか愛しているとかいう甘い囁きもないが、バチッバチッと瞬間瞬間に惹かれ合う瞬間が訪れるシーンはささやかとだが、然しそれはとても力強く濃密に流れている。この瞬間が美しくも尊い。
    あのひとのために想い、ああなったらいいなぁこうなったらいいなぁと想いを巡らせ、共に想いを重ね馳せられることになる。いい。
    そう思えたのもパリヤがもつ人となりの人徳でしょうね。いやーパリヤ作者に愛されていますね、その分弄られまくりですが…(笑)

  •  パリヤさん可愛いよねパリヤさん。
     ほんとに無器用な子可愛い。

  • 会社が休みに入ったので、久々に漫画満喫です。
    選んだのは乙嫁語り。とても丁寧に描かれている漫画ですよね。

    9巻はパリヤさんの縁談の話。思わず頑張れと声に出してしまうほど応援しております。
    漫画で表情・一挙一動そのキャラクターの気持ちが良くわかり作者さんの見せ方がとてもうまいと思います。

    とりあへず総括すると、布支度頑張って!なんなら協力するから!と心から応援したくなる1冊でした。

  • もうねえ、パリヤさんいい娘すぎる。読んでたら好きになってしまう。

  • 絵はもの凄く素晴らしいけど、ストーリーにはあまり惹かれないとこっそり思っている乙嫁シリーズ。しかし、本巻では、自分が一番好きなパリヤの結婚話。意地っ張りで、誰よりも素直だけど、自己表現が下手で、不器用で、頓珍漢なパリヤ。本当に可愛いし、読んでいて楽しくなる。

  • パリヤさん編一応の完結ということ。乙嫁語りに駄巻なし。

  • パリヤさん、おめでとう。ウマルさんと意思疎通できて良かったね。
    4コマ漫画もあの人この人が出てきて面白かったのですが、ちょっと待って、彼女はどこに行くの?それすごすごく気になります!スミスさんと会えたら良いのに。

  • ウマルさん奮闘記(恥ずかしくて赤くなってるウマルさんが随所に登場します)?

全11件中 1 - 10件を表示

森薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする