結んで放して (アクションコミックス) [Kindle]

  • 26人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山名沢湖
  • 双葉社 (2016年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (170ページ)

結んで放して (アクションコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  山名沢湖さんという方をこの本で初めて知りました。コミティアは好きでよく行く(買い専だけど…)ので一次創作作家の方々の苦悩や葛藤、出会いや別れが4人の登場人物を使って好対照的に描かれていたのが面白かった。結んで、放して、人の想いは別れたり、繋がったりしていく。
     この本の主役は”創作同人に対する情熱”である。そして、それが冷めること、離れていくことへの漠然とした後悔や恐れが主題となっている。
     創作同人とは言わずとも我々には大切な時間を共に過ごし、「ああ、あの頃は楽しかったな」と思えるものがある。この本は、我々をそういうある種の郷愁へと誘ってくれる。
     「漫画作りなんて知らん、読めればイイ」、そんな方であっても、楽しかった頃を懐かしみたい気持ちを持っていたら、ぜひこの本を手にとってほしい。

  • 同人活動における人間関係のあれこれを描いた作品です。
    あまり印象に残るようなエピソードはないものの、心温まるストーリー。

  • 漫画家を描いたまんが道は数多あるが此方はアマチュア、同人作家を描いた作品。
    漫画家は仕事としてプロフェッショナルとしての矜持や情熱を持って漫画を描き続けるが、此方は人生の転機によって直面する描くこと、続けることの意義を炙り出す。
    プロの漫画家の場合は同業者は商売敵或いはライバル的な立ち位置であるが、此方はより近しい仲間意識があり、まさに同志的な目線が多分に含まれている。競作や委託、売り子、合同など同人誌界隈の世界を織り交ぜつつ、作品を仕上げることへの悲喜交々とともに創作に携わる楽しさと仲間の存在の大きさを教えてくれる良作。

    台詞で「やめる」って言えるの続けている人だけなんだよねぇが印象的。

    あと、Kindle版セールでも無いのに108円なのだろう。

  • コミケに集まるマンガ家たちの話。コミックの本だけど、若い時に熱中したことをいつまで続けられるかというテーマ。就職、結婚、やる気などで変化していくモチベーションがテーマか。

全4件中 1 - 4件を表示

結んで放して (アクションコミックス)のその他の作品

山名沢湖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

結んで放して (アクションコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする