ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • 19人登録
  • 4.11評価
    • (4)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
アーティスト : サントラ  ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン 
制作 : ジャスティン・ポール  ジャスティン・ハーウィッツ 
  • ¥ 2,700
  • ユニバーサル ミュージック (2017年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988031208205

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラックの感想・レビュー・書評

  • 劇場公開時に鑑賞。
    DVD情報がまだ無いので、一先ずここに映画の感想を。

    アカデミー賞最有力(結果としては受賞ならず)ということで
    期待感はかなりのものがあって鑑賞。

    はっきりと述べると、オープニングが全てだったかなと。
    あのオープニングの高速道路でのシーンは、
    映画史に残るミュージカルシーンではなかろうか。
    それぐらいの圧倒的な破壊力はあった。

    そこからの期待感は恐ろしいものがあった。
    だが、どうも消化不良な終わり方だったなというのが正直な感想。
    夢見るラストを期待していたわけでは決して無いが、
    それでも、どこか納得がいかないような、そんな結末ではあった。

  • アカデミー賞候補となったラ・ラ・ランドのサウンドトラックです。
    音楽が素晴らしい効果をあげている作品です。
    楽しい曲から、しんみりとくる曲もありますが、ミュージカルシーンがあるということで、曲そのものがストーリーと密接にかかわります。
    2人の思い出の曲の数々や、美しい夜空が思い浮かばれて素敵です。

  • 前評判が高すぎたので、いつ面白くなるのかと期待しながら待っているうちにクライマックスに。ミュージカルの要素もあるが、ミュージカル映画とは違う。ラスト10分くらいは、展開が分かっていても胸にくるものがあり、選ばなかった方の人生を回想するというのが、現実的でよかった。最後のライアン・ゴズリングの表情に星5つ。夢と愛は両立しなくて、どっちを取っても後悔するし、どっちを取っても幸せになれる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする