奇蹟がくれた数式 [DVD]

  • 35人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (6)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
監督 : マシュー・ブラウン 
出演 : デヴ・パテル  ジェレミー・アイアンズ  デヴィカ・ビセ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111251381

奇蹟がくれた数式 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小生の先生が岩波ホールで見てくるとチラシをくれた作品。主人公は、「アスペルガーの偉人たち」(スペクトラム社)にも出てくる実在の数学者です。
    主演の俳優さん、どこかで見たと思ったらスラムドッグミリオネアで主役を演じていた方でした。
    インドの身分社会に続き、イギリスによるインド統治にまで演じることとなりました。

    先の著作ではラマヌジャンって取っ付きにくい性格(癇癪持ち、服に無頓着)でしたが、その辺りはマイルドに純朴な青年という映し方に直されてます。

    見どころといえば、主人公は天才的な頭脳を持っているのに(ハーディは彼の才能を見出しているというのに)、ケンブリッジの面々が、彼がインドの生まれというだけで差別して彼のことをきちんと見てくれないという葛藤だと思います。
    重たいハードルをあえて仕掛けられても、ハーディはラマヌジャンと共に研究がしたいと思いました。それはひとえに彼の才能が数学に大きな成果を生むと信じた学問に対する純粋さからくるものだと思います。天晴です。

    ところで、劇中でラマヌジャンはどうしてそんなに天才的な閃きがあるのか問われたら、「女神様がそう言ったんです」とお告げのように語ります。しかしハーディは無神論者のため、頑なに信用しません(ここが、単なる無宗教の日本人とは違うところ)。そこで意見の食い違いが起こるのですが、そういう軋轢も含めたラストに救いがありました。

  • 「インドの魔術師」と呼ばれた天才数学者ラマヌジャンの実話をもとに作られた映画。映画の冒頭だけはインドで撮影されていますが、ラマヌジャンがイギリスに来てからはほとんどがケンブリッジで撮影されていて、美しいの一言です。

    ジェレミー・アイアンズがラマヌジャンを見出し、共同研究をした数学者を演じています。そして、冒頭にちょろっとしか出てこないんですが、フランシス卿役を大好きなスティーブン・フライが演じています。

    ニュートンレベルと言われたラマヌジャンの天才的な閃きと、それを「下々の人間」に説明しなくてはいけないもどかしさ、トップレベルの研究をしている人間の異なる優しさ、戦争の理不尽さ、異文化を受け入れられない人間の狭量さと見苦しさ、文化の違う国で生きていくことの難しさと素晴らしさ、仲良しこよしをするだけではない友情の美しさ。
    そう言ったものが過不足なく詰まっていて、まったく飽きずに見終わりました。

    もちろん映画の焦点はラマヌジャンと、彼の研究、人生なのですが。

    これだけは書かせていただきたい。
    ジェレミー・アイアンズが格好良いです。それはもう、べらぼうに、とんでもなく、床にひれ伏したくなるくらい、格好良いです。
    パイプを口に咥える姿も、新聞を読みながら紅茶を飲む姿も、晴れの日に傘をさして歩く姿も、論文を読むために老眼鏡を鼻にのっける姿も、アームチェアに座って脚を机にのっける姿も、中折れ帽をぽんとかぶる姿も、全部が全部、絵になります。
    ジェレミーファンにとっては垂涎ものでした。

  • 1914年、ケンブリッジ大学の数学教授ハーディのもとにインドの事務員ラマヌジャンから1通の手紙が届く。
    そこには驚くべき数式の数々が書かれていた。
    ハーディはラマヌジャンをイギリスに招聘しようとするが、彼の地方では海を渡ることを禁じられ、また大学でも身分や学歴を理由に拒絶がおきるのだった。

    数学の証明問題って学生の頃に嫌いだった人が多そうだけど、証明の意味や意義ってこういう事。
    閃きは天才のなせる技だけど、証明によって誰もが使えるものになるのだ。

  • 天才数学者の一生を過剰な演出もなく客観的に一通りなぞっているためどのシーンも深みやエグラレル感はないが「イミテーションゲーム」でも感じた様に、重い鉛が根底にずーっとある様な天才独特の暗さがこの作品にも漂っていた。常に理解されない痛みを負う姿を観ていると、ちょい天才くらいが丁度良いんだろうなと思ったり。彼が生きているうちにオックスフォードの数学者ハーディやリトルウッドと出会えて良かったと一人シミジミしたりした。

  • pocketに関連記事

  • 2017/4/2 私には二つの偉大な“発見"がある―
    それは彼の才能と、かけがえのない友情だ。


    ★インドの<アインシュタインと並ぶ天才・ラマヌジャン>と、彼を見出した英国人数学者。
    身分も国籍も違う、正反対の二人が起こした奇跡と友情を描く、知られざる感動の実話! ッジでの撮影が実現! イギリスの伝統とインドの神秘的な舞台を背景に描かれるドラマチックな物語。

    ラマジャンヌ役のデブ.パラルもハマり役だし
    イギリスの数学者ハーディ役のジェレミー.アイアンズも 本当に素敵だった 純粋な数学者としてお互いを高め合う関係にも泣けました。数学の世界は分からないまでも夢中になる姿に感動してしまった

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする